ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > 小説 > 伊豆の踊り子 川端康成原作【本の感想・レビュー】

伊豆の踊り子 川端康成原作【本の感想・レビュー】

栄吉:あなたには...やはりそれがふさわしい帽子です
わたし:そう...わたしは...踊り子のおかげで変われた...(中略)さようなら...愛しい伊豆の踊り子よ...僕は君に永遠の青春をもらった(以上、引用)
読み継がれている「名作」には、それなりの意味があるはずなので、「名作」にあたっています。 ...手軽さを求めて「コミック版」になってはいますが。

「川端康成」のお名前はもちろん「伊豆の踊り子」の作者であることも、
「トンネルをぬけると、そこは...」という「雪国」の冒頭文も知っているのですが、
川端康成氏の作品を読むのは、今回がはじめてです。

いろいろな解釈があると思うのですが、20歳の主人公「私」の成長物語ととらえました。

「私」は旧姓高等学校の学生さん。
一目見たら「超エリート」と分かる学帽かぶって旅にでます。

自分の中身に自信があまりなく、いれものに頼りたいのかも知れません。
途中で、その帽子を脱いで、他の帽子をかぶり、伊豆の踊り子たちと旅をします。

「将来のエリート」と「旅芸人(下層の方たち)」との身分の違い
20歳と14歳(お風呂で裸で手を振るという幼さ)という年の差

そういったものを乗り越えて踊り子のことが好きになります。

ただ「私」が旅の終わりに選んだのは、もう一度旧姓高等学校の帽子をかぶること

東京に戻って、エリートとして生きることです。

旅の途中でかぶっていた帽子を栄吉に渡すのは、その決意表明なのでしょう。

栄吉の台詞には「旅芸人と旅を続けるより、エリートとして生きるのがあなたにはふさわしい」という意味も含まれている気がします。

もし「私」が、伊豆の踊り子と一緒に生きていくことを選ぶのなら
大島に会いにもいけるだろうし、もう少し、踊り子が大人になるのを待つこともできるはずです。

「私」はあえて、そうしない選択をしたのです。
このあたりの決意の仕方、美意識のありようが、「昔の人」なんだと思います。
「そういう考えもあるよね」と、理解はできても、「わかる」と共感はできないと言うか。

「踊り子のおかげで変われた」「さようなら」「僕は君に永遠の青春をもらった」と
船の中で踊り子のことはすでに「過去のこと」になっています(汗)

すべてを思い出にして、東京でエリートとして生きる決意をしたのでしょう。
ただ、旅の前と違うのは、自分に自信をもっていること。

そしてつらいことや、悲しいことがあると
「いい人ね」と踊り子からもらった言葉を反芻したり、
踊り子からもらった櫛をとりだして眺めるのでしょうね...。

そのシーンが目に浮かびます(笑)

Amazonで「伊豆の踊子 (ホーム社 MANGA BUNGOシリーズ)」の詳細をみる
楽天で「【送料無料】伊豆の踊子」の詳細をみる


| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1556

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ