ライフデザインTOP> 本の感想・レビュー・書評TOP > 経験から学ぶ > 自衛隊の仕事術 久保光俊/松尾喬

自衛隊の仕事術 久保光俊/松尾喬

自衛隊には「国を守る」という単純明快で崇高な任務がある。いざというときには国民の矢面に立って、攻めてくる敵と戦わなければならない。
一人の隊員が不用意に規律違反を犯すと、部全体に悪影響を及ぼすだけでなく、大きな社会問題となり相手国に隙をつくることとなる。それは部隊の一員であると同時に、国民の代表でもあるからだ。つまり、制服は制服であっても、「制限服」の要素が潜んでいることを覚悟しなければならない。 (以上、引用)


自衛隊のレンジャー部隊、遊撃手といった「先鋭部隊」を長年にわたって訓練してきた「伝説の教官」が説く組織のあるべき姿、あるべき姿にもっていくための方法論です。

猛獣使いが、猛者たちのエネルギーを「国を守る」方向に導くためにしてきたこと、心構えを、
単純明快に書いています。

同時に「組織に属する人間」のありようも描いています。

ある組織に属する覚悟を決めたら、受入れなければならない窮屈さがある、と。

社会人になってから、運営のうまくいない組織に属したことが多いので、
この本を読んで「機能している組織」と「機能していない組織」の違いが分かった気がします。

自衛隊のように「機能している組織」の特徴は...
まず、ビジョン、存在意義、任務が明確であること。
任務を果たすためには、具体的に何をすればよいのかを、明確にできる指揮官がいること。
主体性をもった実働部隊がいること。
自分の所属している組織に愛があり、規律を受入れる覚悟があること。

「機能していない組織」の特徴は...
会社のミッションがあいまいなので、現場では「利益をあげること」を重視して迷走しています
web関係職をしてきたのですが、指揮官がweb恐怖症だったりして、具体策がありません
(↑新しい未知の分野だったから、なのかもしれませんが。)
ビジョンが不明なので、実動部隊は「目の前の仕事を精一杯やろう」となります。

そんな状況を受入れて、規律をうけいれる覚悟なんてできない方が多かったです。
(自分も含む)

自分の属した組織が、たまたまうまくいっていなかったのかもしれないし、
わたしを受入れてくれる組織は、うまくいっていないような組織しかなかったのかもしれません。

でも、どうも自分には「ある程度大きな組織」の規律といったものがあわないような気もしてきました。

大きい組織で何らかの役割を果たす生き方もありますが、
組織に属さないで、手の届く範囲で生きていく道もあり、
手の届く範囲で生きていくほうに魅力を感じている今日この頃です。

Amazonで「自衛隊の仕事術 日本の最強の組織はこうしてつくられる!」の詳細をみる
楽天で「【送料無料】自衛隊の仕事術」の詳細をみる

| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1566

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ