火の鳥 手塚治虫 

宗教とか人の信教ってみんな人間がつくったもの。そしてどれも正しいの。ですから正しいものどうしのあらそいはとめようがないでしょ
わるいのは宗教が権力とむすばれた時だけです。権力に使われた宗教は残忍なものですわ(引用、火の鳥の台詞)

漫画の神様:手塚治虫の未完の大作です。

永遠の生命をもつ「火の鳥」を軸に、大昔から遥か未来まで
人間の「崇高な部分」と「闇の部分」が語られています。

人間の歴史は権力争いのくり返しです。
今も、昔も、ちっとも変わっていませんね(苦笑)。

火の鳥が言うように、少なくとも自分たちが何かを「正しい」と信じて
別の誰かは、別のものを「正しい」と信じて、
「どっちが正しい」のですが、
どちらかの「正しさ」を優先させる必要がでたときに争いが起きるのでしょう。

限られた財源の中で、子育て世代を優先して保育所をつくるか、
高齢者のための介護施設をつくるか、のような
「どっちも正しいけど、どちらかしか実現できそうにない」場合などです。

「ひとつの建物たてて、融通きかせて使いましょうよ」など
折り合いをつければいいのですが、何故かそうならないで
相手に勝ちたがってしまう傾向にあります。

人間の業なのでしょうか?

「相手に勝って、自分の正しいと思うことを実現すること」が、えらいのではなく
「相手の考えを理解して、一緒にうまくやっていく方法」を考えれば、それで済むような気がします。

でも、人類史上そんなかんたんなことができていない訳です。

せめて、意見の対立があったときに
「負けないもん!」と拳を固めるのではなく「どうやったら、うまくやっていけるか?」を
考えるようにいたします。

Amazonで「火の鳥 」の詳細をみる
楽天で「火の鳥 全巻 漫画全巻 大人買い 漫画 コミック マンガ まとめ買い【ポイント還元★SALE】...」の詳細をみる


▼手塚治虫氏の作品


手塚治虫の電子ブック一覧

▼100円/48時間で電子書籍をレンタルできるサービス!手塚作品全382冊が読めちゃいます

ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1575

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ