コミック・マンガの最近のブログ記事

これから50年先の未来...東京にはまた新しいモニュメントが建っているかもしれない...
私のカメラは東京に流れる現在(いま)の時間を切り取っていた(引用)

写真部在籍の女子高生が、東京の隠れた名所を訪れて、そこで出会った人々と触れ合いながら、風景をフィルムに切り取っていく短編集です。

「東京シャッターガール」の作者:桐木憲一先生は、「トキワ荘通り協働プロジェクト」の一員として活躍をされています。

「トキワ荘(現存しません)」と言えば、手塚治虫先生、藤子不二雄(A)先生、藤子・F・不二雄先生、石ノ森章太郎先生、赤塚不二夫先生が青春時代を過ごした伝説のアパートです。

「トキワ荘通り協働プロジェクト」は、トキワ荘が育んだ漫画文化を後世に伝えていきましょう、という地元主体のプロジェクトです。

そのプロジェクトのひとつに、赤塚先生がトキワ荘の次の仕事場とした「紫雲荘」を活用しよう!というプロジェクトがありまして。

桐木先生は、その「紫雲荘」で漫画を描いています。

と、言っても「ギャグ漫画」ではなく「街歩きマンガ」と言う新しいジャンルのマンガを描いています。

「街歩き」というと、定年退職をされたおじさまたちの趣味、という印象がありました。
桐木先生にかかると、新鮮みがあって、わくわくするもののように感じられます。

「ないものねだり」をするのではなく、どこにでもあるような街(と、言っては何ですが)で「あるもの探し」「宝探し」をするという楽しみ。

思えば、トキワ荘出身の漫画家たちは「ストーリーマンガ」「ギャグマンガ」「特撮もの」「戦隊もの」といった漫画の新しい分野を開拓してきた先駆者たちです。

桐木先生も「街歩きマンガ」という新しい分野を開拓しています。
「トキワ荘のあった街」のDNAを引き継いでいます。

何はともあれ「街歩き」をおじさまたちだけに独占させておくのは、もったいないです。
この「東京シャッターガール」を手に、街にでませんか?


Amazonで「東京シャッターガール 1巻 (ニチブンコミックス)」の詳細をみる
楽天で「【送料無料】東京シャッターガール(1)」の詳細をみる

宗教とか人の信教ってみんな人間がつくったもの。そしてどれも正しいの。ですから正しいものどうしのあらそいはとめようがないでしょ
わるいのは宗教が権力とむすばれた時だけです。権力に使われた宗教は残忍なものですわ(引用、火の鳥の台詞)

漫画の神様:手塚治虫の未完の大作です。

永遠の生命をもつ「火の鳥」を軸に、大昔から遥か未来まで
人間の「崇高な部分」と「闇の部分」が語られています。

人間の歴史は権力争いのくり返しです。
今も、昔も、ちっとも変わっていませんね(苦笑)。

火の鳥が言うように、少なくとも自分たちが何かを「正しい」と信じて
別の誰かは、別のものを「正しい」と信じて、
「どっちが正しい」のですが、
どちらかの「正しさ」を優先させる必要がでたときに争いが起きるのでしょう。

限られた財源の中で、子育て世代を優先して保育所をつくるか、
高齢者のための介護施設をつくるか、のような
「どっちも正しいけど、どちらかしか実現できそうにない」場合などです。

「ひとつの建物たてて、融通きかせて使いましょうよ」など
折り合いをつければいいのですが、何故かそうならないで
相手に勝ちたがってしまう傾向にあります。

人間の業なのでしょうか?

「相手に勝って、自分の正しいと思うことを実現すること」が、えらいのではなく
「相手の考えを理解して、一緒にうまくやっていく方法」を考えれば、それで済むような気がします。

でも、人類史上そんなかんたんなことができていない訳です。

せめて、意見の対立があったときに
「負けないもん!」と拳を固めるのではなく「どうやったら、うまくやっていけるか?」を
考えるようにいたします。

Amazonで「火の鳥 」の詳細をみる
楽天で「火の鳥 全巻 漫画全巻 大人買い 漫画 コミック マンガ まとめ買い【ポイント還元★SALE】...」の詳細をみる


▼手塚治虫氏の作品


手塚治虫の電子ブック一覧

▼100円/48時間で電子書籍をレンタルできるサービス!手塚作品全382冊が読めちゃいます

ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

シャア:ジオン対連邦ではなく!スペースノイド対アースノイドですらなく!!真に戦うべきはオールドタイプ対ニュータイプなのだとっ
アムロ:ニュータイプは...戦うためにいるんじゃない!!ニュータイプは分かり合えるんだ。だから戦ったりしないっ。戦いの道具にもならないっ!(以上、引用)
10年におよぶ年月の末、ついに「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」が完結しました(*ノ-;*)

最終巻を読んで「ニュータイプ」の意味を自分なりに理解できた気がします。
恐らく、アムロの言うように「分かり合えるから戦わない人たち」のことなのでしょう。
「オールドタイプ」とは「分かり合うという発想がなく、戦うことを選ぶ人たち」なのでは?

自分もそうなのですが、理不尽な目にあうと
「負けないもん!」「戦ってやる!」と拳を固めがちです。

相手の立場だとか、状況を考慮せずに、
ついつい「戦うこと」を前提に「いかに戦うか?」に脳みそを使いがちです。
「戦うこと」がかっこいいようにも思っていました。

つまり、わたしは現時点では「オールドタイプ」です。
戦うために消耗するより、別のことにパワーを使った方がよっぽど生産的なのですが。

シャアも、常に「戦う相手」を探しています。
「ザビ家」であったり、「オールドタイプ」でタイプであったり。

こう考えると、自分を「ニュータイプ」だと言っているシャアは
本当の意味では「分かり合うという発想がなく、戦うことを選ぶ『オールドタイプ』」の人間で
アムロやララァが「分かり合えるから戦わない『ニュータイプ』」
なのではないでしょうか?

今の世の中、インターネットの普及で、ネット上では世界の壁がなくなってきています。
twitter、facebookなどで、コミュニケーションをとって「分かり合おう」とすれば、分かり合えるチャンスはたくさんあります。
(ある程度の言語能力は必要ですが)

時間も距離も超越して「分かり合える」訳です。

「分かり合えるから戦わない人たち」という意味での「ニュータイプ」は
案外すぐそばにいるのかもしれません。

Amazonで「機動戦士ガンダム THE ORIGIN(23) めぐりあい宇宙編 (角川コミックス・エース 80-28)」の詳細をみる
楽天で「機動戦士ガンダム THE ORIGIN(23)」の詳細をみる


▼ガンダム関連の本


ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

| コメント(0) | トラックバック(0)
自分ひとりになると、全部自分で決めなきゃいけない...。そういうときに自分なりによく考え、その後の自分の行動をよくよく見てみると、だんだん自分の好みとか、行動パターンなんかが見えてくるのです。(以上、引用)

ひとり暮らしな日々。」を立ち読みして、たかぎさんのほのぼのとした絵と人柄が好きになりました。
そのたかぎさんの「旅本」をみつけたので、さっそく手にとりました。

わたしは、ひとり旅が大好きで、オートバイに乗ってあちこち放浪をしています。
(→旅ブログなど)

今でも、ひとりでお店にはいるときのドキドキ感はいまだにあって。
たかぎさんがお店に入る前に、店の前をうろちょろしてしまう気持ちがよくわかります。

食卓にいつもビールがあるところも、わたしと一緒です(* ̄∇ ̄*)

ひとり旅の醍醐味は、たかぎさんもおっしゃっているように「全部自分で決める」ことにあると思います。

どこに行くのか?交通手段は?
いつまで、このお寺をみていましょう?
ご飯をどこで食べましょう?
など、大きな選択、小さな選択が連続しています。

それを自分ひとりで決めることが必要です。
そして、決めた結果は自分にかえってきます。

数百円のバス代をケチったら、暑くて倒れそうになりました。
ゆっくり湖を眺めていたら、お目当てのお店が本日閉店してしまい、お昼ご飯食べそこねました。
「次の休憩ポイントまでいこう」と決めたら、ゲリラ豪雨でずぶ濡れになりました
など、痛い目にもあっています。

大事にはいたっていないので、よいのですが。

旅のときに「全部自分で決める」習慣がつくと、自分の好み、行動パターンがわかってきます。
日常でも自分にどれくらいの負荷をかけてよいのか、甘やかしてよいのかが分かるようになります。

「自分が何したらよいのかよくわからない」という方は、ひとり旅にでるとよいのでは?
自分で決めて、結果を受け止めていくなかで、
自分がいやな気持ちになるのはどんなときか、笑顔になるのはどんな時かがわかるので。

笑顔になる時がどんな時なのかがわかれば、自ずと進む道もみえてくるでしょう。


Amazonで「ひとりたび1年生」の詳細をみる
楽天で「【送料無料】ひとりたび1年生」の詳細をみる

| コメント(0) | トラックバック(0)
木や草や山や川がそこにあるように人間もこの自然の中にあるからにはちゃんと意味があって生きている
あらゆるものと...つながりを持って!
もし おまえがいないならば何かが狂うだろう おまえは大事な役目をしているのだ
以上、引用
6月に映画「手塚治虫のブッタ-赤い砂漠よ!美しく-(感想ブログにリンク)」をみて、原作のマンガを読みたくなったので図書館で借りて読むことにしました。

「愛」「自我」「欲」「苦」などいろいろなテーマが盛り込まれた手塚治虫氏の大作です。

シッタルダーという軟弱な青年が、悟りを開き「ブッダ」になり、多くの方に影響を与えるまでを描いたマンガ伝記です。

シッタルダーが悟りをひらくまでに、いろいろな「先輩」たちの教えを請う中で、
「苦行」にたどりつきます。

太陽を見続けたり、片手を一ヶ月あげっぱなしだったり、ゴマばかりを数ヶ月食べ続けたり、
カラダとココロに負荷をかけて、真理への道を目指すものです。
中には、苦行中に命を落とす僧もいました。
そういった僧は、ある意味尊敬の眼差しで見られています。

シッタルダーは、断食をして座禅を組み続けたり、穴に埋められたりの苦行を繰り返します。
そして7年間かかって「苦行では真理への道は開けない」ことに気がつきます。

話は手塚治虫氏の演出がはいっているので、必ずにも事実そのままのことが描かれているわけではありません。

「悟りを開くまでに7年」ではなくて
「苦行では真理への道は開けないこと」に気がつくまでに7年間の歳月を必要としています。

2000年以上の歳月がたっても人々に影響を与える「仏教」を産みだした人間が、
7年間も回り道をしたということを知って、何だかほっとしました。

何でも最短距離で早く目的地にいくことに重きを置きがちですが、
あのブッダだって、7年間も回り道をせざるえなかったのです。

目指すゴールは違えど凡人であるわたしが、
回り道もせず目的地にたどりつける訳がありません。

マンガ「ブッダ」を読んで「回り道をしてもよいのだ」と、気が楽になりました。

Amazonで「ブッダ全12巻漫画文庫」の詳細をみる
楽天で「ブッダ 手塚治虫」を探す(本)

デジタルコンテンツで「ブッダ 手塚治虫」を探す


▼手塚治虫氏の作品


手塚治虫の電子ブック一覧

▼100円/48時間で電子書籍をレンタルできるサービス!手塚作品全382冊が読めちゃいます

ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

| コメント(0) | トラックバック(0)
ジルベール:ルノーはぼくをおどして追いだすつもりだっただけさ ぼくをおさえつけた手がガタガタふるえてたもの どうにしろボナール きみはぼくにかまけすぎていたみたいね
オーギュスト:...結局あなたがた(ペールや、アンヌ・マリーのこと)がジルベールを遠ざける目的はただひとつ やっと手にした世間的な幸福 それを失いたくないからです それを守りぬくためには ジルベール一人 わたし一人どうなってもいいそう考えていらっしゃる
以上、引用


「昭和の名作」を楽天ポイントが貯まったときに「電子ブック」で読んでいます。
竹宮惠子(竹宮恵子)先生の作品は「風と木の詩」「イズァローン伝説」「天馬の血族」など、名作・大作が電子書籍になっています。

今回読んだ「風と木の詩 6巻」は「ジルベール編」の完結編です。

ボナール邸に出むいたジルベールが、ラコンブラード学院に入学するいきさつが描かれています。

ジルベールの悲劇は「愛欲」「嫉妬」など人間の黒い部分の対象になりやすく、
「愛情」「友情」など人間の白い部分の対象になりにくい個性をもっていることから始まる気がします。

11歳にしてそういった自分のキャラクラーを諦観しているようで、ジルベールに嫉妬するルノーをかまったりします。

でも、アンヌ・マリー(ジルベールの実母なのですが、そんなことジルベールは知りません)に「マンマ」をの姿をみて、吸い寄せられるように近づいたところ、全てを知っているアンヌ・マリーに拒絶され傷つきます。

たぶん「まあ、かわいい子ね(笑顔で微笑む)」「お名前なんて言うの?(頭なでなで)○○くん、いい名前ね」くらいの反応を求めたのだと思うのですが...

実の子を抱いて幸せな時間を過ごしている時に不義の子(ジルベールのこと)に近寄られたら、そういう反応になるのでしょうが。

いずれにしても、ジルベールの周りにいる方達は、彼にたいして白い部分で接する努力すらしていません(汗)。
剥き出しの人間の黒い部分を見てきたので、そりゃ、たいへんだったでしょうね。

「ジルベールがそういう少年になった理由」が「ジルベール編」を読むと、なんとなくわかります。

そういった十字架を背負った少年は、ラコンブラード学院で「白い部分でふつうに接しよう」とする同級生たちにであって、戸惑いながら、いろいろな事件を起こす訳です。

続きが楽しみです。

Amazonで「風と木の詩」を探す
楽天で「風と木の詩」を探す

電子書籍で「風と木の詩」を探す(楽天)

竹宮 恵子先生の作品一覧

竹宮惠子(竹宮恵子)先生のマンガの感想・レビュー

風と木の詩地球へ…ファラオの墓天馬の血族エルメスの道イズァローン伝説


竹宮惠子(竹宮恵子)先生の本の感想・レビュー

マンガの脚本概論


▼竹宮惠子(竹宮恵子)先生関連の本


【電子書籍/電子コミック】で読むことができる竹宮恵子先生の作品

ライフデザイン・人生設計に効いた本一覧

| コメント(0) | トラックバック(0)
前代未聞!
ギャグの王様が贈る珠玉の号泣アンソロジー

ギャグマンガの礎を築いた赤塚不二夫氏。
赤塚不二夫氏のマンガの中から「爆笑」ではなくて「号泣」する作品を集めた本です。

「ギャグマンガの人」が、何故号泣??と、意外に思うかも知れませんが、
赤塚氏の根底には「人間愛」があります(たぶん)

「人間愛」が根底にあって、人を笑わせたい、面白いことをしたい、人がやっていないことをしたい、と考えていたみたい。

それを実現できるのが「ギャグマンガ」だったのでしょう。
「人を喜ばせたい」というサービス精神で「奇人」「騒がしい人」を演じた面もあるのかも知れません。
その結果「過激なマンガを描くギャグマンガの王様」という偶像ができていったように思います。

その人のもつ一面が強調されても、根底にあるものは滲みでるもので。
赤塚氏の好きだったチャップリンも、笑わせながら、じーんとくるものがあるでしょ?

そんな「じーん」とくるマンガを集めた作品集です。

赤塚不二夫氏の「人間愛」に触れたい方におススメです。

楽天で「【送料無料】泣けるアカツカ」の詳細をみる
Amazonで「泣けるアカツカ 」の詳細をみる

赤塚不二夫氏の作品・著作一覧


▼赤塚不二夫氏関連の本


赤塚不二夫の電子ブック一覧
天才バカボンもーれつア太郎おそ松くんギャグゲリラ
ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

カバーと帯をはずすと、持ち歩き用のシンプルな表紙になるよ!

「池袋好き」なので、気になってしょうがない「乙女ロード」
(→乙女ロードでくらくらした訪問記)。

前回訪問したときは、その世界観に目眩がして
「執事喫茶」にも、「男装喫茶」にもよらずに早々と退散をしてきましたヽ(ー_ー )ノ

悔しいので免疫力をつけ、リベンジをするために「東京乙女ガイド2011」を購入しました。

内容はねー、池袋の「乙女ロード」はもちろん、新宿、渋谷、秋葉原などの「乙女」 のためのスポットが紹介されています。

それも、街ごとに「イケメン」のキャラが案内してくれるのー。
ちなみに池袋は、クールなにゃんこ系眼鏡男子で、執事喫茶風の服をきてるの( ̄▽ ̄)σ

アニメ「デュラララ!!」にでてきたスポットも紹介されています
(アニメ好きですが「デュラララ!!」はみていない)

「コスプレイベント」が大々的に掲載されているのもステキ★
あの「東京ビックサイト」への行き方が懇切丁寧に解説されているので、
地方からやってきた乙女ちゃんも安心だよ

あ。そういった「乙女(腐女子とも...)」のためのスポットだけではなくてね。
「Esola池袋」「Echika池袋」といった、ふつうの場所も紹介されています。

内容はそうとうディープですが、きれいにまとめられています。
オブラートに包まれた劇薬を飲まされている感じもします。

正真正銘の乙女ちゃんはもちろん
「ちょっと乙女の世界をのぞいてみたい」普通の人にもよいです!

乙女ロードに再突入する勇気がわいてきました。

★楽天で「【送料無料】東京乙女ガイド(2011)」の詳細をみる
★Amazonで「東京乙女ガイド2011」の詳細をみる

▼乙女と言えば...




少年は、自分の無知が腹だたしかった......学校で習った学問や知識は、ここではまるで役にたたないのである。

今の少年に必要な知識はひとりいきていくための、「術」、ただそれだけなのだから......

少年は、自分の目で見、耳で聞き、舌で味わい、身体で覚えたことだけを信じようと思はじめていた......

ゴルゴ13」で知られるさいとうたかを氏が35年近く前に描いた作品です。

要約すると、大地震で、文明がもろくも崩れ去った環境で、サトル少年がサバイバルをしていく(生き残っていく)物語です。

生活の土台として「食べ物があること」「外敵の存在を感じないこと」「熱さ寒さをしのげること」の3大要素があるように思います。

たいていの日本人にとって、上記の三大要素は「当たり前」過ぎて何の恩恵も感じていないような気がします。

お腹がすいたら、コンビニやスーパーで食料を買う。
泥棒、無差別殺人、おれおれ詐欺などの話はきくが、命の危険は感じたことがない。
夏、冬はお外は暑くて、寒いけど、建物の中では、暑さ、寒さは凌げる。

多少の差はあっても、こうした認識なのではないでしょうか?

そういったものを「文明」というかもしれません。
「文明」は、そこにある間は気がつきませんが、多くのものの上になりたっています。
もちろんサトルが受けた教育も「文明」が前提になってます。

そして、そういった「文明」がとっぱらわれるとどうなるか??

サトルのようになります( ̄‥ ̄) 

食べ物を探すのに、一日仕事。
「熊に気づかれないように」と姿を隠し安全を確保し、
寒さに凍え...

生きていくだけで精一杯になり、そうとうのエネルギーを費やします。

ギャップに驚愕しながら生きていこうとするサトルの姿に、自分を重ね合わせます。

今ある環境に感謝するきっかけになるし、「もしも」のためのサバイバル術を知識として知っておくための教科書になります。

電子書籍にもなっているので、よかったらチャレンジしてみてください。


楽天(本)で「【送料無料】サバイバル(1)」の詳細をみる
楽天(電子ブック)で「サバイバル さいとうたかを」の詳細をみる
Amazonで「サバイバル (1) (リイド文庫)」の詳細をみる

テント、ランタンなどの「キャンプ用品」があれば、数日はサバイバルできる!

ちいちゃんは女ならだれでも好きなのね
男女問わないよ おれの好きな子って みんないい子
どんなやつでも悪者にしたくないから 好きになるのかもしれない

少女漫画のなかで、評価の高い作品なのに、今まで読んだことがなかった作品。

何でなんだろう?
いろいろ考えてみると...わたし「りぼん派」だったのよ。
くらもち先生の主戦場だった「マーガレット」は、「大人」「不良」な感じがして、縁がなかったのよ。

それに、くらもちふさこ先生は、思春期の少年少女の恋愛をリアルに描いた先駆者なの。
わたし「恋愛ものの少女漫画」が苦手で。
読んでて全身がかゆくなるような、脳みそが熱をもってくるような、イライラしてくるような、なんと言うか生理的にだめだったのよ。

有閑倶楽部 一条ゆかり」「ダークグリーン 佐々木淳子」など、アクションだったり、SFものが好きだったなぁ。

かなりマイノリティな存在だったような。

そんな私も大人になって、古本市で「東京のカサノバ 1 」を見つけたので読んでみることにしました。

まず、25年以上30年近く前の作品なのに、古くない。
今時の若者にもあてはまりそうなお話です。

時代は変わっても「ちいちゃん」「多美子」「おーちゃん」などの揺れ動く気持ちは、誰でも擦ってはきているので懐かしい感じがするんでしょうね。

あったものごと、であった人間の意味はその時にはわからくて、何年もたったあとに気がついたりします。

今回「東京のカサノバ 1 」を読んで「そうだったのかな」なんて悟ったこともあります。
思春期の忘れかけていた「何か」、心に残っていた「しこり」が疼いたときに「東京のカサノバ 1 」を開くと、答えがみつかるかもしれません。。。

★楽天で「【送料無料】東京のカサノバ(1)」の詳細をみる
★Amazonで「東京のカサノバ 1 」の詳細をみる

▼くらもちふさこ先生の作品

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ