経験から学ぶの最近のブログ記事

自衛隊には「国を守る」という単純明快で崇高な任務がある。いざというときには国民の矢面に立って、攻めてくる敵と戦わなければならない。
一人の隊員が不用意に規律違反を犯すと、部全体に悪影響を及ぼすだけでなく、大きな社会問題となり相手国に隙をつくることとなる。それは部隊の一員であると同時に、国民の代表でもあるからだ。つまり、制服は制服であっても、「制限服」の要素が潜んでいることを覚悟しなければならない。 (以上、引用)


自衛隊のレンジャー部隊、遊撃手といった「先鋭部隊」を長年にわたって訓練してきた「伝説の教官」が説く組織のあるべき姿、あるべき姿にもっていくための方法論です。

猛獣使いが、猛者たちのエネルギーを「国を守る」方向に導くためにしてきたこと、心構えを、
単純明快に書いています。

同時に「組織に属する人間」のありようも描いています。

ある組織に属する覚悟を決めたら、受入れなければならない窮屈さがある、と。

社会人になってから、運営のうまくいない組織に属したことが多いので、
この本を読んで「機能している組織」と「機能していない組織」の違いが分かった気がします。

自衛隊のように「機能している組織」の特徴は...
まず、ビジョン、存在意義、任務が明確であること。
任務を果たすためには、具体的に何をすればよいのかを、明確にできる指揮官がいること。
主体性をもった実働部隊がいること。
自分の所属している組織に愛があり、規律を受入れる覚悟があること。

「機能していない組織」の特徴は...
会社のミッションがあいまいなので、現場では「利益をあげること」を重視して迷走しています
web関係職をしてきたのですが、指揮官がweb恐怖症だったりして、具体策がありません
(↑新しい未知の分野だったから、なのかもしれませんが。)
ビジョンが不明なので、実動部隊は「目の前の仕事を精一杯やろう」となります。

そんな状況を受入れて、規律をうけいれる覚悟なんてできない方が多かったです。
(自分も含む)

自分の属した組織が、たまたまうまくいっていなかったのかもしれないし、
わたしを受入れてくれる組織は、うまくいっていないような組織しかなかったのかもしれません。

でも、どうも自分には「ある程度大きな組織」の規律といったものがあわないような気もしてきました。

大きい組織で何らかの役割を果たす生き方もありますが、
組織に属さないで、手の届く範囲で生きていく道もあり、
手の届く範囲で生きていくほうに魅力を感じている今日この頃です。

Amazonで「自衛隊の仕事術 日本の最強の組織はこうしてつくられる!」の詳細をみる
楽天で「【送料無料】自衛隊の仕事術」の詳細をみる

| コメント(0) | トラックバック(0)
「勝ったなんて思っちゃいない。だがあんたは負けた。犯罪にじゃない、自分の強欲に負けだんだ」
「誓っていおう。私利私欲ではなかった。...」
「犯罪を取締るシステムの限界。それを打ち破れる唯一の組織がブラックチェンバーだった。それを君は崩壊させた。その罪は重い。たとえ何万人という人間を、きたるべき新型インフルエンザかの流行からわずかの間、救ったとしてもだ」(以上、引用)

あらすじは...
警察官だった河合は、仕事上のトラブルからロシアのマフィアに殺されそうになりました。
河合が警察の取締、捜査に限界を感じていたところ、「ブラックチェンバー」という超国家犯罪取締集団からスカウト受けます。

警察が手をこまねいている犯罪者を、取締り、犯罪者のブラックマネーを取り上げ、活動資金にする、という活動をしています。

ブラックチェンバーが魅力的に思え、スカウトを受けることにした河合ですが、
だんだんとブラックチェンバーが拝金主義のように思えてきて
「正義と強欲」の間で葛藤が始まります。
(以上、あらすじ)

「大の虫を生かすために、小の虫を殺す」
「大の虫をいかすためには、組織保持が最優先課題になる」というようなことは、
どこの世界でもよくあることです。

例えば「子育てをしやすい世の中に。」という正義を実現するために
「保育所をいっぱいつくりましょう」という施策を実施しようとする訳です。

正義を実現したくとも、使えるお金には限界があるので
「子育て世代」という「大の虫」を生かすためには、
「年金」「若者の雇用安定」などの「小の虫」をみなかったことにせざるえません。

また、正義を実現するためには、他のことを優先したい方たちを
説得して、納得させ、協力をしてもらう必要があります。

あれこれ話しても埒があかなければ、
言うことをきいてもらうしかありません

そういった「力」を「権力」と言います。

正義を実現するためには「権力」が必要で、
「権力を保持する」ためには、協力者を確保しなくてはならず、
その一番かんたんな方法が「組織の保持」になるのでしょう。

他の人からみると「自分かわいさのために、そんなに組織を保持したいの?」なのですが、
本人は大真面目に「正義のため」と思っていたりするから面白い。

これは、ブラックチェンバーだけではなく、
政治や、企業活動でも日常的に起こってますね(苦笑)

どこの世界でも起こりうる「正義と強欲」のバランスの取り方。
それを極端なカタチで、わかりやすく、大沢流のハードボイルドで書いている大人の寓話です。

★Amazonで「ブラックチェンバー」の詳細をみる
★楽天で「【送料無料】ブラックチェンバー」の詳細をみる


大沢在昌氏の本を読んだ感想

新宿鮫Ⅹ 絆回廊ブラックチェンバー


▼大沢在昌氏の本


ライフデザイン・人生設計に効いた本一覧

気になると即行動。その時の行動力はすさまじい。だけど、興味ないとどーでもいい。
欠点を指摘されて一応悩んでみるけど、直す気はさらさらナイ
「理解してもらえない」と思った瞬間、その人との関係は「知人」になる

わたしB型です。
「ふんふん」「そうそう」「すごいわかる」と共感しながら読みました。

気になることに対しては、興味のあることに対しては、即、かつ一生懸命行動するのよ。
ヨガを始めたり、日本一周ツーリングの準備をしたり、パワーがわくのよ。

でも、興味のないことは、どーでもいいのよ。
会社の仕事でもそういことありました(゜ー、゜

そういう自分を「なんとかしよう」と20代の頃してましたが、30を過ぎたらになったら気にしなくなりました。

「苦手なことをできないようにする」より、「得意なことをのばすことにエネルギーを使う」ことにしました。

だから「欠点を指摘されて...」というのもよーくわかります。
欠点をなおすことにパワーを使うより、長所を伸ばすことにパワーを使いたいのです。

会社の上司になる人は「欠点を直そう」とする人が多かったように思います。
その人、その人の良心にもとづいて「ここができないから、こうしよう」「ここが課題」など、すごく一生懸命、私の欠点を矯正しようとしてくれました。

...本人にさらさら、まったくその気はないのですが、それを口にするのも憚られるくらい熱心に。。。

最初のうちは説明を試みたのですが「理解してもらえない」と思った瞬間、その人との関係は「知人」と見なしてきました。

基本的によい方たちで、常識的な方たちで、実害はなかったのですが...。

あ。
B型の部下をもった上司がB型に機能してもらうために読むといいでしょう。

★楽天で「【送料無料】B型自分の説明書」の詳細をみる
★Amazonで「B型自分の説明書」の詳細をみる

▼●●型自分の説明書


ITだけなのだ。間違いなく経営者の9割近くがガレージをを知っている。...(略)ガレージを母に、野心を父に、生まれては消え、消えては生まれる。競い合い、騙し合い、ライバルを蹴落とし、叩きつぶしながら、覇を競うのだ。誰もが歩から金になることを夢見ていた。

ITのことなどわからねえ。そう言いながら景山照栄という男は大切な根っこを理解している。



ホリエモンの「拝金(→拝金を読んだ感想)」に続く小説の第二弾。

「拝金」と同様に「成金」も世間一般で使われている意味とは異なる「プラス」の意味で用いられています。
ホリエモンが「歩」から「金」になる過程で見てきた世界を体験することができます。

堀江貴文氏など「成功する人」はものの見方や、ものの表現が人とは違います。

昔、あるネット証券の社長さんのインタビューを読んだことがあります。

何でも事務所を選ぶ時に江戸時代の地形図をとりよせて調べたそうです。
お金に関わる会社なので、災害が起きたときこそ、必要とされるようになる。
万一の時に、事務所が機能しなくては、顧客に迷惑をかけることになる。
災害の被害は地盤におうところが大きい。
だから、江戸時代の地形図を見て、地盤のしっかりしたところを探そう、と。

事務所を選ぶ時に、家賃、広さ、使い勝手、設備、社員の交通費、等を考慮するのはたぶん普通のひとで、「成功する人」は、さらに「地盤」なんていうものをみています。

俯瞰している選択肢の数が違うのかしら?...と思いました。

ただ、俯瞰している選択肢の数は、最初から理解をしていたのではなく、修羅場をくぐる中で身についていくものだ、というのが「成金」を読むとわかります。

主人公の堀井氏と一緒に「修羅場をくぐって」「成長をしてきた」感じがするのよ。

自分も「歩」から「金」になりたい。
必死になって、坂の上の雲をおっかけよう!という拳を固めました。

★楽天で「【送料無料】成金」の詳細をみる
★Amazonで「成金」の詳細をみる

堀江貴文さんの著作・作品一覧


▼堀江貴文(ホリエモン)の著作


堀江貴文(ホリエモン)のオーディオブック一覧

ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

すぐに分からなくていい。時間がかかってもいいから、自分が実践したみたことや、体験したことの意味を、大切に考え続けてみるといい。「ああ、あれはそういうことなのかもしれない......」と思ったとき、自分のものになっているのに気づくだろう。

一日一生」は約7年かけて約4万キロを歩く荒行「千日回峰行」を、一度ならず2度万行された大阿闍梨が書かれた本です。

ふつうのお坊さんではなく、歴史の教科書にでてくる比叡山のお坊さん。
しかも、『大』がつく阿闍梨(≒衆僧の模範となるべき高位の僧侶)。

新聞の書評欄をみて「すごい人オーラ」を感じたので、著書を読んでみました。

実際に読みすすめると、拍子抜けするくらい、素朴でかんたんな語り口調で書かれています。
まるで、ご近所や、親戚のおじいちゃんとお話をしているかのような錯覚に陥ります。

酒井氏がこれまでの人生の中で「感得」した言葉が、脳みそや、心にじんわりと染渡ります。
「感得」とは、起こったこと、体験したことを、自分なりに消化して、心の糧にすることです。

何かを「感得」するまで時間がかかる、というのはよくわかります。

高校時代に物理の時間に「音の共鳴」を習いました。
その時は「?」でしたが、20歳になってバイク乗りになって、エンジンの音をきいたときに「こういうことなのか」とやっと自分のものになりました(T^T)

ある知識に触れて、「感得」するまで、3年近くかかった訳です。
そんなことが無数にあるはずです。

ただ、真摯に生きていれば、「音の共鳴」も自分のものにできたように、自分に起こったことの意味も、無駄に思えたことも、自分がそうと気がついていないだけで、「感得できる」日がくるはずです。

そう思ったら、生きていくのが楽しくなってきました!

★楽天で「【送料無料】一日一生」の詳細をみる
★Amazonで「一日一生」の詳細をみる

俺は君の生き方は嫌いじゃないよ。でもね、何だか自分でもよくわかっていないんだけど、「自由」ってさ、いくつも得体の知れない恐怖に抗って行く事じゃないのか?

毎日かあさん(西原理恵子)の元旦那「かもちゃん」が思いつくままに、行き当たりばったりで旅をするエッセイです。

なぜか「はじっこ」目指します。

日本って、海に囲まれた島国なので「はじっこ」の目指すと、港に行き着くの。
港と言えば漁師さん。漁師さんと言えば、酒飲みで(歪んだ認識なのかもしれませんが)、酒飲みの生息地には、飲み屋がいっぱいあって...。

結局、鴨志田氏、飲んでばかりいます。

彼のすごいところが、多少酔っぱらっていても「港町には、日本人の女性はいないのか?」と突っ込みをいれたり、おかみや、おじさんたちとの、水面下での戦いをユーモラスたっぷりに書いていることなの。

苦しかったはずなのに、吐血した状況を、わかりやすく、笑いをとりながら話すところなんて、涙ものです。
そんなにカラダをはった芸をしなくてもいいのにー。
そういうところが「自滅派」なんでしょう。

でも、たまには「うまい」と、思わず膝を打つ事も話しており...。

笑いながら「日本のはじっこ」の真実の姿を知る事ができる良書です!

★楽天で「【送料無料】日本はじっこ自滅旅」の詳細を見る
★Amazonで「日本はじっこ自滅旅」の詳細を見る



あと、「同僚と友人になる必要はない」と思う。そんなことよりも、会社がそれぞれにとって好きな仕事ができる場所として機能しているかどうか。そうならば仕事を続けるし、そうでなくなったら辞める。シンプルな問題ですよね。

「世の中が自分の発言によって、少しでもよい方向に向かうように」と、情報を発信続けているホリエモン(堀江貴文氏)の2010年4月の著書。

インタビュアーが投げる「ビジネス」「マネー」「未来」などの108の質問を、ホリエモンが丁寧に回答をしています。それぞれの回答にはリリー・フランキーさんが書いたアイコン(イラスト)がついているのも楽しいです。

執筆していた当時、最高裁の判決を待つ身だったので、このタイトルがついたのでしょう。
あれ?( ̄-  ̄ ) ところで、裁判の判決は、でたのでしょうか?

それはさておき、引用をしたのは、「友人と会社をつくるのを辞めたほうがいいという理由は?」という質問に対しての回答のつけたしです。

ホリエモンは「「会社」は、そこにつとめる人が「好きな仕事ができる場所であればいい」という、シンプルな考えを表明しています。

ホリエモンというフィルターと通して世の中をみると、複雑に思っていたことが、とても分かりやすく、シンプルに見えてきます。

いろいろな状況をかんたんな言葉で、複雑にみえるものごとをシンプルに表現するのが上手な方です。
それが「ホリエモン力」なんでしょうね。。。

「ビジネス」「マネー」「政治」「事件」「交遊術」「未来」についてのなんかしろの参考が欲しい方には一読の価値があります!!

★楽天で「【送料無料】まな板の上の鯉、正論を吐く」の詳細をみる
★Amazonで「まな板の上の鯉、正論を吐く (新書y)」の詳細をみる

堀江貴文さんの著作・作品一覧


▼堀江貴文(ホリエモン)の著作


堀江貴文(ホリエモン)のオーディオブック一覧

ライフデザイン・人生設計に効いた本の感想・レビュー・書評

そして、擬似恋愛の仕方を一歩間違えれば、人の心を壊してしまうこともありえるということも、同時に教わりました。チエは、「擬似恋愛」という商売の、扱い方を間違えました。
愛情を与えることは大事。与えられた愛情に対し、受け止めて、相手の望む甘え方をしてあげる。でも、それ以上のサービスは必要ないのです。必要以上の愛情やサービスは、相手に無駄な期待を持たせ、結局は自分の首を絞めることになるのです。

元風俗嬢:浅葉チエさんの「風俗嬢チィちゃんの本音ワールド!」というブログを書籍化したものです。

お客さまとのエピソードをまとめた「風俗嬢日記」、チエさんが二十歳頃の「恋愛依存症」、風俗嬢として経験をし、本のタイトルにもなっている「擬似恋愛」、そして「風俗嬢卒業」が描かれています。

チエさんは、日常生活では触れることのできない人間の「業(ごう)」を、風俗嬢として働いた3年間でみてきたようです。

中でも「擬似恋愛」の章にあった「江川さん(上客)」との好意の行き違い(と思う)が、何だか怖かったし、いたたまれなかったです。

チエさんにとっては「上客への精一杯の誠意・サービス」だったのが、江川さんにとっては、いつの間にか「女性への恋愛」になってしまったのでしょう。

悪意があって、こんなことになったのではなく、好意の行き違いがこうした結果を招いたと思うと、やり切れません。。。

冷静さを取戻した江川さんと、チエさんの話合いで、チエさんが撒いた種が明らかになるにつれて「ふたりの間には、こんな溝があったんだ!」と愕然としました。

こうした「行き違い」は、何も風俗界で起きているだけではなく、日常茶飯事だったりもします。

「そんなつもりじゃなかったのにー」「どうしてそうとる?」ということは山ほどあるでしょう。
私にも多々あります(汗)。

「どうすれば、そうとられないのか?」「どうすればいいのか?」を、痛くて苦い経験から、学習をしてきたし、これからもしていくしかないでしょう。

チエさんが風俗嬢として働いた3年間で得た「痛くて苦い経験から、学習したこと」を、たった数時間で追体験できちゃう本です。

人間関係を円滑にさせたい方は、一読の価値ありです。

★楽天で「擬似恋愛」の詳細をみる

★Amazonで「擬似恋愛 ある風俗嬢の告白」の詳細をみる

▼風俗嬢に関する本

| コメント(0) | トラックバック(0)
しあわせなひびをすごしていた、ふくろうのふうふ。
やさしいおすにまもられためすは、いつまでもしあわせがつづくことをねがっていました。
しまふくろうのいのちは20ねん。
おわりのひは、しずかにしのびよってきます...。

めすのしまふくろうが、親元から巣立ちをして、おすと出会い、つがい、子供を産み、育て、巣立たせ、やがておすと死別をして、おすの死を受け入れるまでをたんたんと描いた版画絵本です。

「しまふくろうのふうふ」ではなく、擬人化して「人間の夫婦」としてとらえると、こうした寄り添い方に憧れを抱く反面、「そんなの幻想だー」と、軽い反発を感じもしまいます。

よくも悪くも「古きよき夫婦のあり方」を描いている気がします。

いのちをかけてめすをまもるのです
さけのいちばんおいしいところをめすにたべさせます

このあたりは、なんていいひとなのー!と思えます。

めすはすのこどものそばにつきっきりです
まあ、一緒に子育てをする方法もあるのでは?と思ってしまう訳です。

「性別役割分担」の匂いがします。

このしまふくろうのふうふは、こうとしか生きれなかったし、お互いに幸せだったんでしょうね。

先に死んでしまったけれど、めすにとっての王子様願望をおすは見事に果たしてくれました。
おすにとっても守りがいのあるめすだったのでしょう。

ただ、現実にはそんな王子様は存在しません。

一昔前のおすは立派だった。
だがしかーし現在のおすにそんなことを求めてもしょうがない。

めすである女子はたくましく生きましょうね。

★楽天で「【送料無料】しまふくろういきる」の詳細をみる
★Amazonで「しまふくろう いきる (いきるよろこびシリーズ)」の詳細をみる

▼手島圭三郎さんの作品


| コメント(0) | トラックバック(0)




独りであること、未熟であること、これが私の二十歳の原点である

1969年6月に自殺をとげた女子大生が、最後の半年につづった日記です。

高校生の時に、夏休みの課題図書になっており「ちょっと年上のお姉さんのこと」として読みました。
当時の私が何を思ったか、まったく覚えておりません。

高校生から20年以上生きて、現在、人生の岐路にたっているので、もう一度読んでみることにしました。

「二十歳の原点」を読み、思いだしたのは、自分にとっての『二十歳の原点』とも言える経験です。

私は二十歳の頃、神戸に住んでおり、阪神大震災にあいました。
余震が続いて、寒くて、混乱して、呆然とする中「どうやって、生延びようか?」を考えている自分に気がつきました。

それまで「生」に執着しているつもりはまったくなかったので「私って、生きたいんだ」と自分にびっくりしました。

「生きたい」という、自分のうちなる声に気がつきました。

亡くなった知合いも、何名かいます。

なぜ、その方が死ななくてはならなかったのか?
なぜ、私が生きているのか?

その理由は、未だにわからないし、誰にもわからないでしょう。

生きていることは、それだけですごいことで、何らかの力によって生かされている、とも思いました。
「生かされている」なら、私が存在する理由もあるはずだ、と。

そうした「生きることへの肯定」が私の二十歳の原点でした。

だから、私は36歳まで生きてきたし、これからも自殺はしないでしょう。

高野悦子さんは「人間は他者を通じてしか自分を知ることができない。悲劇ではないか」とおっしゃっています。

私は高野さんの「二十歳の原点」という「他者」を通じて、自分の「二十歳の原点」に気づきました。

数十年経って「自分の原点は?」「軸になっているものは?」を再確認するために、また読み返すでしょう。

★楽天で「二十歳の原点新装版」の詳細をみる
★Amazonで「二十歳の原点 [新装版]」の詳細をみる

▼二十歳の原点関連の本

| コメント(0) | トラックバック(0)
keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ