生き方の最近のブログ記事

子供のころから、こうなったら嫌だな、と思うことがたびたび起きた。嫌だと思っててもしょうがないから。まあいいって思うことにした。運命を受け入れるってことだ。(速男の言葉)
 
いいかい、富枝ちゃんにもおんなじことを言ったんだけどね。世の中おかしいと思うことはいっぱいある。あんたたちの苦労だってそうだ。でもさ。つらいことより楽しいことを考えたほうがいいからさ。あんたも元気でやるんだよ。ほら、そんな顔しないでさ。笑ってごらん」(千草の言葉) 
                 

「本が好き!」さんから献本していただきました。

2012年1月『日中国交正常化40年・BSプレミアム開始記念』スペシャル・ドキュメンタリードラマの小説版です。
戦前に「大陸の花嫁」として、旧満州に渡った女性の半生を、史実をもとにフィクション化したものです。

400ページを超える厚めの本ですが、徹夜をして、いっきに読んでしまいました。

主人公のハツは、宮城県の寒村から「大陸の花嫁」として、旧満州に渡ります。
写真一枚で、結婚を決めた無骨ながらも優しい速男の計らいで、兄妹たちをよびよせ、子供もでき、充実した日々を送っておりました。

けれど、戦況が悪化して、男性たちが兵隊にとられていきます。
日本が戦争に負け、日本への「引揚げ」が、はじまります。

満州では、「何が起こっているのか?」「どうすればいいのか?」の、情報を知らされずに。
軍人さんたちには、戦後に補償がでたのに、開拓者たちには、でなくて。
たくさんの犠牲をはらいながら、命からがら、日本に帰ってきても、居場所がなくて。

だからこそ、「まあ、いい」「ほら、そんな顔しないでさ。笑ってごらん」という言葉が支えになるのでしょう。

「あきらめ」「服従」「投げやり」「やけ」「空元気」ではなくて、起きてしまったことを運命として受け入ること。
受け入れることができる、度量をもつこと。
そこから、次へ、一歩を踏出すこと。

それが「まあ、いい」「ほら、そんな顔しないでさ。笑ってごらん」の本質なのでしょう。
主人公たちの「生き抜く姿」に、すがすがしさ、ある種の神々しさすら、感じました。

今の世の中「生き抜く」という意志がなくても、何となく生きていけてしまいます。
命の危機にあわない限り「生きている」という実感すらないのかもしれません。

ただ、「生きる」ということを、考えざる得ないことが、いろいろと起きています。
日本人が、何を支えに生き抜いてきたか?を知るために、読む価値のある本です。


Amazonで「開拓者たち」の詳細をみる
楽天で「【送料無料】開拓者たち」の詳細をみる

▼ 引用
聞いてください、みなさん!生きることの意味や、生活のもっと高い目的を発見して行う、そのようなカモメこそ最も責任感の強いカモメじゃありませんか?千年もの間、われわれは魚の頭を追いかけ回して暮らしてきた。しかし、いまやわれわれは生きる目的を持つにいたったのです。学ぶこと、発見すること、そして自由になることがそれだ!
1974年に出版されてから今にいたるまで、さまざまな人に影響を与え続けているロングセラーです。

20年ほど前に、某教団の幹部が逮捕されたときに「かもめのジョナサンのような気分で」という趣旨の発言をしており、道を外してしまった方の『言い訳本』的な存在でもあります。

「かもめ」を「人間」に置き換えると、世の中の寓話としてとらえることができます。

そして、どちらかと言えばジョナサンに共感するひとと
「ジョナサンの生き方ってどうなの?」と疑問に思う方がいらっしゃると思います。

私はジョナサンの生き方に共感しました。
自分をジョナサンに例えると、まだPART 1のかもめの群れに追放される前に
一生懸命ひとりでとび方の訓練をしているところでしょうか?

「魚の頭を追いかけ回す」ことからは卒業したものの
何者にもなれていない感じです。

まだこの本の内容をほんの一部しか消化できていない気がします。

機会があるごとに何度も読みなおして、今の自分のいる場所・位置を確認したくなりました。

Amazonで「かもめのジョナサン (新潮文庫 ハ 9-1)」の詳細をみる
楽天で「【送料無料】かもめのジョナサン」の詳細をみる

| コメント(0) | トラックバック(0)
自分のど真ん中のテーマから離れないコト。 それを読者に読みやすい形で提供していくコト。 「好き」で始まった仕事は30代半ばでこのように形を変えていました。
大人になって初めて「わたしは~する」という文法で生きることができるようになりました。もう、「誰だれが私を~する」という受け身の考えは消えたのです。
大学生の頃に「おいしい関係」を読んだのが、私と槇村さとるさんとの出逢いです。

少女マンガって、10代(中学生・高校生)向けのものだけではなく、20代でも共感できる作品もあるんだ、と、新鮮に思ったのを覚えています。
折に触れて作品を読んだり、女性雑誌に連載されているエッセーを読んだりしておりました。

「いい歳のとりかたをされている人生の先輩だ」と思っていたので、図書館で「おとな養成所」をみつけ、読むことにしました。

前は○○という考えをしていましたが、こういうことを経験しました。
だから△△と思うようになり、■■するようになりました。
うまくいきつつあるようです。

というように、槇村さんご自身の経験を踏まえ、考えの遷移、変化をかんたんな言葉で書かれています。
だから、素直に共感でき、言葉がカラダに沁みこんでくる感じです。

30代半ばで、過去にとらわれていた自分に気がつき...みたいな部分を読んで、37歳独女は安心しました(苦笑)

「自分の力で食べていけるようになること」=「大人になること」だと思っていて、とっくの昔に「大人になった」気でいたのですが、まだまだ脱皮が必要なようです。

あとがきで「与える人になりたい」と書いておりましたが、しっかり槇村さとるさんのメッセージ(の、一部かもしれませんが)を頂戴しました。

槇村さとるさんのような人生の先輩がいてくれて、よかったです。


★Amazonで「おとな養成所」の詳細を見る
★楽天で「【送料無料】おとな養成所」の詳細を見る

▼槇村さとるさんの著書・作品

槇村さとるさんの著書・作品一覧

冷静で非常で計算高いあいつーー純粋で寂しがり屋で時に子供っぽい私。そしてあともう一人、それらを全て客観視している自分がいる。三人の自分、三つの人格ーー胡桃は多重人格者。

伝説のキャバ嬢「胡桃」、掟破りの8年間 と副題がついているように、作者は元キャバ嬢で、「ユダ」がデビュー作。
18歳でスカウトをされ、キャバクラ勤務を始め、在籍をしたお店では常に不動のNO1になった伝説のキャバ嬢だったんだって。凄いやぁ( ̄Θ ̄;)

その実体験をもとに書いたのが、この小説「ユダ」。

胡桃は「冷静で非常で計算高いあいつ」と「黒い自分」を他人事のように言っており、「純粋で寂しがり屋で時に子供っぽい私」と「白い自分」は自分ごとです。

自分も都合の悪いことは「悪魔が囁きました」「頭の中に妖精さんが住んで、悪さをしています」など、考えているのも、思っているのも自分なのに、別の何者かのせいにしたりします。

そういった誰の心にもある「黒い自分」がユダなのでしょう。
自分の欲望、素直な部分と言えないこともないです。

胡桃のユダは、きっと真っ黒で、強い。
ユダの黒さ、強さによって、制御する精神力や、お金が必要になってきます。

胡桃は「ユダ」の声を「あいつ」呼ばわりして、「あいつ」のせいにして、自分の精神を守りつつ、「あいつ」にけっして流されないで、自分を客観視したから、不動のNO1になれたし、キャバクラを引退する選択もできたのでしょう。

願わくば、胡桃の耳元で、また「ユダ」が悪魔の囁きをしなきゃいいけれど...

私は「ユダ」ときちんと向き合って
(放っておいてもいろんなことを言ってくるけど。たぶん胡桃のユダより黒くなくて、弱っちい)、
「ユダ」を味方にしつつ、流されないで、生きていきます。

楽天で「【送料無料】ユダ(上)」「【送料無料】ユダ(下)」の詳細をみる
Amazonで「ユダ〈上〉」「ユダ〈下〉」の詳細をみる

▼ウォータービジネスから学ぶなら...





ねこは、はじめて なきました。夜になって、朝になって、また 夜になって、朝になって、ねこは 100万回もなきました。
朝になって、夜になって、ある日の お昼に、ねこはなきやみました。
ねこは、白いねこの となりで、しずかに うごかなく なりました。

ねこは もう、けっして いきかえりませんでした。

先日、天に召された佐藤洋子さんの代表作「100万回生きたねこ」。

田口ランディさんの短編集で、プレイボーイの年下男子が「100万回生きたねこ」と比喩され、いきつけのコーヒー豆屋さんの本棚でたまたまみつけ、コーヒー豆をローストしてもらう間に読み、「スプリング・フィーバー(試写会レビュー)」という映画をみたときに、「主人公は100万回生きたねこだ!」と思い、佐藤洋子さんの訃報をきいて、この「100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))」をきっちり読みたい、と思い購入しました。

ねこには、常に飼い主がいました。
ねこは、飼い主に愛され、可愛がられ、大切に飼われます。
ねこは、飼い主がきらい(だいきらい)ですが、そこから逃げだすでなく、一生をまっとうします。
あるがままの状況を受け入れて、生きて死にました。
そして、生きかえります。

あるとき、ねこは、だれのねこでもなく生まれます。
そして「そばにいたい」と思う白いねこにであい、つれそいます。
白いねこが動かなくなったとき、ねこははじめて泣いて、ねこも動かなくなり、死んで、生きかえりませんでした。

ねこは、「誰かのものであったとき」には飼い主に可愛がられ、幸せそうにみえるのに、ちっとも「生きていなかった」のではないでしょうか?

だから、100万回も生きかえって、「生きよう」としました。

「誰か」「飼い主」を自分を保護してくれるもの、生活の糧を提供してくれるもの、例えば「親」だったり、「会社」だったり、に例えると分かりやすいかもしれません。

誰かが与えてくれる生活では「生きていること」にはならずに、自分で選んだ生活でないと「生きていること」にならないと...

ひと(ねこ)によっては、「誰かが与えてくれる生活」に満足して、生きかえらないひと(ねこ)もいると思います。

わたしは「100万回生きたねこ」のように「自分で生きたい」ねこ(ひと)なんだ!と気がつきました。

★楽天で「【送料無料】100万回生きたねこ」の詳細をみる
★Amazonで「100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))」の詳細をみる

▼佐藤洋子さんの作品

それにしてもホストクラブ各店のナンバーワンたちが、どいつもこいつも、必ずしもハンサムとはいえない顔してるのは、いったい何故だろーか。これはホント、ホストクラブの七不思議である。(中村うさぎ)
しゃべりは技よりもネタで頼むわー。もう期待するのはそれだけっ(倉田真由美)
ショッピングの女王」で壮絶な買い物人生を赤裸々に語った中村うさぎと「だめんず・うぉ~か~ 」の倉田真由美と、編集者が、カラダをはってホストクラブに覆面取材にいきます!

このおふたり。
ものの見方、表現の仕方がそれぞれに異なるのですが、おのおの面白いのさー。
人間を観察するときの着眼点が楽しい。

中村うさぎはホストたちの「売れる理由に注目をしています。
ホステスさんでも同じような話をきいたことがあります。

ほんとうの「ハンサム」「美人」は、「ハンサムである」「美人である」というだけで、人を魅了できます。それが当たり前になってます。
結果「人を魅了するための努力」をする必要がありません。

「ハンサム」「美人」でない人は、他の何かで人を惹きつけようとします。
トークだったり、芸だったり。
「人を魅了するための努力」をします。

そうした日々の繰り返しが「ハンサム」ではないNO1を生みだしているのでは?

「ハンサム」を求める中村うさぎ、そういった努力を認めつつも、「ハンサム」に会いたいのでしょう(たぶん)

倉田真由美の「しゃべりはネタ勝負」は、「経験をどう表現するか?(技)」ではなく「経験自体(ネタ)」を問題にしています。

面白い経験をしてきた人間が好きなのでしょうね。
それをホストに求めるのは正しいのか?正しくないのか?

世間の日の当たる道を歩いてはいないひとたちに対する愛と、興味が滲みでている一冊です。
「ホストクラブのガイドブック」としてだけではなく(そんな使い方をする人は、あまりいないでしょうが)、人間観察の本として楽しめます!!

★楽天で「うさたまのホストクラブなび」の詳細をみる
★Amazonで「うさたまのホストクラブなび (角川文庫)」の詳細をみる
ライフデザイン・人生設計の本

▼うさたまの本

彼は知っていた。人間が人間として生きるための最低限の「安全保障」は、心身の健康と、胸に灯す希望なのだと。貧しさとは、この保障がないことだと。そしてその原因が、止むことを知らない権力者の搾取にあるとき、貧民がもつ捨て身の鬱憤の恐ろしさを知り抜いていた。暴動、犯罪、過激思想にはけ口を見つける人口が増える国。その行く先は、国体消滅の危機なのだ。

元世界銀行副総裁の西水美恵子氏の著書。 「草の根」として「貧因国」にホームスティをし、民の生活を目の当たりにしたり、は発展途上国の幹部と歓談をしたり。 雑誌連載をまとめたもので、深い内容が読みやすく書かれています。


「国をつくるという仕事」を読んで「貧しさ」の意味を知った気がします。
「お金がない=貧しい」のではなく「心身の健康と、希望」が保障されない状態が「貧しさ」というのだと。

だとすると、日本は緩慢に「貧しい国」に向っているのかもしれません。

ひったくりなどの犯罪が増えているという。
合成着色料、保存料の入った食べ物、農薬を含んだ農作物をとっている。
「メタボ」検診なるものも、義務づけられるほど、健康管理に気をつかわなくてはならない。
11人にひとりの大学卒業予定者が、就職できないという。

まさに「心身の健康と、希望が保障されない状態」でしょう。

「国をつくるという仕事」は遠い国の物語ではなく、今、日本にも存在するお話です。

貧因解決への道は「何をすべきか」ではなく「すべきことをどう捉えるか」に始まると。その違いが人と組織を動かし、地域社会を変え、国家や地球さえをも変える力を持つのだと。

今の自分にはこの西水美恵子氏の言葉を消化する英知がありません。
この言葉の意味を問いつづけていきます。

★Amazon: 国をつくるという仕事
★楽天:国をつくるという仕事
★管理人の心に響いた「本の感想・レビュー・書評



keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


アーカイブ