ライフデザインTOP > ツーリングTOP > 北海道 > 北海道ツーリング【2008夏】 > メルヘンの丘 めまんべつ付近 北海道ツーリング【2008夏】

メルヘンの丘 めまんべつ付近 北海道ツーリング【2008夏】

ゴールデンウィークだし§( ̄ー ̄)§どこかにおでかけしよう♪と思っていたら雨が降り出しました(涙)

なので、去年(2008)の夏にでかけ、未だにアップしていない北海道ツーリングレポートの続編を書きます♪

>8月12日は、その後


  • 牛文字
  • 裏摩周(人生初の「霧の摩周湖」!)
  • 亀の子池


と、走り、呼人浦のキャンプ場に戻ってきました。
写真がないので、割愛します。

そして、8月13日。
曇りの中を走行。

▼R39を南下して「メルヘンの丘 めまんべつ」付近で、幻想的な風景を撮影しました。
メルヘンの丘 めまんべつ

R243にでて、霧で真っ白な「美幌峠」を通過⇒県道52でコタンの湯(温泉)に到着しました。

コタンの湯はガイドブックで見ると、人里離れた場所に見えました。

現実には、お土産屋さんの駐車場のすぐ裏です。
脱衣所は、小学校の教室の後ろにあるほうきや、ちりとりが格納されている「用具入れ」くらいの小ささ。

しかも、脱衣所から温泉までは、駐車場から丸見えのなか、5歩くらい歩かなくてはなりません。
女性は水着着用OKなのですが、水着なんてもってきていません。

...( ̄~ ̄;)と、いうことで入浴を断念。来年以降の宿題にしました!

さらに決断を迫られます。

「摩周湖、裏からも表からも霧ってた。これで婚期が近づいた」というためだけ、霧って前が見えない「屈斜路摩周湖畔線」に突入しようかしら?カラダをはってネタにしようかしら?と考えたそのとき、天の声が。

だいぶ前に、カンブリア宮殿にでていた登山家:野口健さんの言葉が脳裏に浮かびました。
「登山には国民性がでる。悪天候の中突っ込んでいくのは中国や韓国。彼らは『成功しなくては国に帰れない』と言う。失敗が許されない社会。一方、ヨーロッパは、天気の悪いときはダンスを踊っている。天候に恵まれなくても『今年はダメだったわね。また、来年くるわ。チャオ』なんて手を振って帰っていく。成熟した社会だ」

ツーリングには人間性がでるんだと思う。

私は成熟した大人(?)なので「今回はタイミングではなかった。また来年以降くればいいさ」とアタックを止め、次の目的地に向かいました!

▼ツーリング用のガイドブック

トラックバック(3)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1151

8/9(土)予定通りに4:30に小樽にフェリーが到着。 二輪は、自動車がでてか... 続きを読む

>>8/11(月)[その4] 今回の旅で見たかったもののひとつが、こ... 続きを読む

>8月13日 その3 お腹がすいた→もうすぐ足寄→大阪屋食堂にジンギスカンを食べ... 続きを読む

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


twitterで地元、ツーリング情報配信中
ハーレーダビットソンでツーリング(非公式)
大好きな地元「池袋エリア」の情報配信中

カテゴリ

アーカイブ