ライフデザインTOP > ツーリングTOP > キャンプ用品 > 停電の時にも便利★ランタン|単三電池でコンパクトなLEL-17P

停電の時にも便利★ランタン|単三電池でコンパクトなLEL-17P

2008年北海道ツーリングまでは「ガス式」のランタンを愛用していました。
でもね。ガス式のランタンは

  • マントルを焼くのに手間がかかる(この手間を楽しめる大人ライダーもいるでしょうが)
  • テント内での使用が不安(倒したら怖い。本当はNG)
  • 予備のガスを購入できる場所が限定される
  • ガスタンクが大きくて嵩張る

と、いうことで「電池式」のものに切り替えることにしました。
今の世の中、電池を売っているコンビ二は全国どこにでもあります。

さてさて「電池式ランタン」を探したのですが、どれも大きい。。。

  • 単一の電池が4本いるとか。(単三電池は売っていても、単一電池のないコンビにはある)
  • 高さが30センチくらいあるとか。
  • 電池が2時間くらいしかもたないとか

「電池式ランタン」にさらに「コンパクト」「単三電池使用」「電池のもちがいい」を条件に加え、であったのが「
日動工業さんのLEDランタン
」。

  • 単三電池を使用
  • 小ささ:直径6センチ×高さ15センチ(500mlのペットボトルくらい)
  • 一番明るい状態で6時間電池がもつ(東京電力の「計画停電」が3時間なので、2日間使えます!)
と、わたしの望むスペックにフィットしています。

▼500mlの牛乳パックと比較した小ささ
ランタン(懐中電灯)|単三電池でコンパクトなLEL-17P


ここで一抹の不安が。
「...こんなに小さくて、明るさはどうなのよー?」
ECサイトのレビューをみると大丈夫そうなので、おそるおそる購入。

実際に、北海道につれていきました。

使ってみると、予想していたよりはるかに明るい!!

テントの天井に吊るしても(カラビナがついています)、シュラフでゴロゴロしながら地図が見え、翌日の計画がたてられました♪
もちろん、地面に置いても使えます。

キャンプ用だけではなくて、非常用(停電した時用など)の「懐中電灯」代わりにもいいかもしれません
非常用の「懐中電灯」だと、手にもつのが基本で、地面に置けないし、吊るせません。
その点、ランタンだと持ち運びが可能で、地面(テーブルなど台も含む)に置けて、吊るせるので便利です。


難点を言えば、電池がいれづらいことかな?
明かりの下の部分に単三電池を縦に並べます。

電池を「+」「-」互い違いに入れますが、暗いところだと「どこに『+』だ?」となりました(T-T )( T-T)

このコンパクトさで、この明るさ。
自分の場合は、バイクのキャンプツーリングには、これひとつあれば充分です。

楽天で日動工業のLEDランタンを探す。
Amazonで日動 17LEDランタン 屋外型LEDランタン (LED17個/電池式) LEL-17Pを探す。
他のおススメのキャンプ場をみる

トラックバック(2)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1111

ツーリング【ライフデザイン】 - 北海道ツーリング 2010 準備編(1) (2010年5月30日 15:31)

そろそろ5月も終わるので、夏の北海道ツーリングの計画をたてはじめます。 ▼昨年ま... 続きを読む

2010年8月15日夕方。 定刻どおりに、鴛泊港から稚内港行きのフェリーは出港し... 続きを読む

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


twitterで地元、ツーリング情報配信中
ハーレーダビットソンでツーリング(非公式)
大好きな地元「池袋エリア」の情報配信中

カテゴリ

アーカイブ