ライフデザインTOP > ツーリングTOP > 関東・甲信越 > 箱根ツーリング【2007秋】 > 星の王子さまミュージアム|箱根ツーリング【2007秋】

星の王子さまミュージアム|箱根ツーリング【2007秋】

R138で渋滞にはまる。行楽シーズンの3連休初日。人が多くって当たり前だね!
仙石原から県道75号線にはいったところで「星の王子様ミュージアム」を発見。
「本当に大切なものは、目に見えないんだよ」
とつぶやきながら、ハンドルを切る。

▼チケット売り場の王子さま
チケット売り場の星の王子さま|箱根ツーリング【2007秋】

星の王子さま星の王子さまの本の感想→)」は、私が大好きな作品のひとつ。
高校時代に「原書でも読みたい!」と思って、日本語版に加えて、英語版を購入しました。
辞書を片手に一生懸命訳して、ほんものに近づいた気になっていました。
が、作者のサン=テグジュペリは、フランス人であることが判明(;* *)。
当然、原書もフラ語な訳で。
どうりで作者の名前も英語文化らしくない!って思ってたよ。
...自己完結型の人生には、この手の勘違いがつきものです。

ミュージアムは、作者のサン=テグジュベリが幼少時代を過ごした古き良きフランスの町並みを再現しています。
星の王子さまの舞台って、砂漠だとか、小惑星だったりするから、再現できないんでしょうね。
(※最近できた「寄居PA」改め「星の王子さまPA」も同様です)

▼こんな街並だけでも女子にはいいかも?しゃぼんだまが見えるかしら?
星の王子さまミュージアムの風景|箱根ツーリング【2007秋】

▼電気灯に灯りをともしつづける男性
電気灯に灯りをともす男性|箱根ツーリング【2007秋】

▼星の王子さまの銅像
星の王子さまの銅像|箱根ツーリング【2007】

作者のサン=テグジュベリがこんな一生を送って、なんて展示もありました。
挫折続きの人生で、でも空を飛ぶことに執着しつづけたようです。

「もう一度、星の王子さまを読んでみよう」「ミヒャエル=エンデだとか、自己形成に影響を与えた本がある。再度読むべし」と決意をしました。

でね。家に帰って「星の王子さま」を探したら、ないんだよね。。。
「影響力大」と思った本はとっておくのに。ないんだもん!
どこかの段階で「必要のないもの」になったのかしら?むぅ。

ミュージアム内のカフェでお茶もしました♪

★お小遣帳
駐車料金:150円
星の王子さまミュージアム入園料:1,500円
ケーキセット:600

▼様々な星の王子さま

トラックバック(2)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1226

「さっきの秘密をいおうかね。なに、なんでもないことだよ。心で見なくちゃ、もの... 続きを読む

溜め込んだ画像の整理をしつつ、昔のツーリングレポートをまとめています。 今回は2... 続きを読む

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


twitterで地元、ツーリング情報配信中
ハーレーダビットソンでツーリング(非公式)
大好きな地元「池袋エリア」の情報配信中

カテゴリ

アーカイブ