ライフデザインTOP > ツーリングTOP > 関東・甲信越 > やまとあーとみゅーじーあむと武甲温泉|秩父紅葉ツーリング【2011晩秋】

やまとあーとみゅーじーあむと武甲温泉|秩父紅葉ツーリング【2011晩秋】

▼新聞で「棟方志功」の特集をみて、ユーモアのある絵画や、板画に興味をもちました。

9月に曼珠沙華を見に秩父にきたときに「やまとあーとみゅーじーあむ」の看板をみつけ、
「次に秩父にくるときにはいこう!」と決意をしたのです。

そして今回「やまとあーとみゅーじーあむ」を訪れることにしました。

長瀞駅からR140からR299にでてしばらくすると「芝桜」で知られる「羊山公園」があり、
その中に「やまとあーとみゅーじーあむ」はあります。

案内看板にしたがっていくと「見晴らしの丘」に到着。

▼羊山公園の「見晴らしの丘」からは、秩父市街が一望できます
見晴らしの丘@羊山公園

あとで調べたら、夜景(特に夜桜)が美しいスポットだったりするようです。

秩父では「氷柱のライトアップ」「紅葉のライトアップ」「夜桜のライトアップ」だったり
宿泊しないと見れないきれいなものがたくさんあります。

そのうち一泊しにこようかしら?


▼慰霊塔と秩父鉄道創設者:柿原満蔵氏の銅像
慰霊塔と秩父鉄道創設者:柿原満蔵氏の銅像

慰霊塔は恐らく第二次世界大戦のときのもの。
日本一周をしてきたのですが、様々な観光地の片隅にこうした「慰霊の碑」をみかけました。

おじいちゃんたちの世代のことですが、
こうした方たちの犠牲の上に、今の自分がいることを忘れないようにしなくては。

また、秩父の発展は、秩父鉄道があってこそのものだったのでしょう。
その功績に感謝の念をこめて、秩父市街を一望できるこの地に
創設者の柿原満蔵氏の銅像がたったのではないかしら?


▼「見晴らしの丘」の奥におめあての「やまとあーとみゅーじあむ」はあります
やまとあーとみゅーじあむ@羊山公園
木立の中にひっそりと、板画や、書、などが展示されており、「美とはありとあらゆるもからあつめた善」というような言葉が、こころに残りました。

▼「やまとあーとみゅーじーあむ」からでてきたところ、良い雰囲気のご夫婦がいたのでパチリと...
見晴らしの丘@羊山公園
いいものをみせていただきました(* ̄Θ ̄*)

羊山公園を出発して、R299を南下します。

▼しばらくして「武甲温泉」に到着しました。

「武甲温泉」はR299をほんのちょっと入ったところにある日帰り入浴できる温泉です。
大きな露天風呂がたいへん気持ちよいです。

関越自動車から下道におりて、走りながら「何だかスースーして寒いな」と思ったら、
わたしフリースを着てませんでした(*ノ-;*)

気づけよー、わたしー。

ふだんの装備より、一枚少ないのです。
これは温泉に入って、中から温まっておかないと、帰りに凍えてしまいます。

と、いうことでじっくり温まってきました。

「武甲温泉」のお湯はわたしの好きなゆるめのお湯。
のぼせないので、何時間でもはいっていられます。

でも、何度目かにはいろうとすると「あれ?熱くなったかしら?」と思う不思議なお湯です。
ここちよさ抜群。

しかも、風呂上がりに化粧水や乳液をつけなくとも、お肌がつっぱらないの(◎_◎;)
温泉つきのおうちに住んだら、お肌お手入れ用品が少なくてすみそうです。

温まったあとは「東郷公園  御嶽神社」に向います。


| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://life--design.com/cgi-bin/smileserver/mt/mt-tb.cgi/1554

コメントする

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


twitterで地元、ツーリング情報配信中
ハーレーダビットソンでツーリング(非公式)
大好きな地元「池袋エリア」の情報配信中

カテゴリ

アーカイブ