飯能・秩父ツーリング【2010夏】の最近のブログ記事

本庄児玉ICから関越自動車道にのって5キロほどのところに「星の王子さまPA(旧寄居PA)」はあります。
「星の王子さま(本を読んだ感想・レビューです)」が好きなので、1キロ手前からワクワクしてきましたo(^o^o)(o^o^)o

星の王子さまPAに入り、見えてきたのには南仏プロバンス地方の風景です
※おフランスに行ったことはありませんが...※

星の王子さまのストーリーは、砂漠や、惑星で展開します。
砂漠と壁を再現!という訳にはいかず、作者のサン=テグジュぺリの生まれ故郷を再現...となるのでしょうね。。。
(箱根の星の王子さまミュージアムもそんなだった気が...)

▼オートバイ置き場がこんなにおしゃれ
星の王子さまPA|飯能・秩父ツーリング【2010夏】
ちなみに一番左に写っているのが、私のハレ吉くんです。

▼星の王子さま銅像
星の王子さまの銅像|飯能・秩父ツーリング【2010夏】
残念なことに「王子さま」とツーショットで写真は撮れません(/_・)

星の王子さまにでてくるいろいろな場面が、PAのあちこちにちりばめられているので、ぜひ散策をしてみましょう♪

▼超有名な「ぞうさんを飲み込んだウワバミ」の絵
像さんとウワバミ|飯能・秩父ツーリング【2010夏】
このぬいぐぬみが売店で売られていました!
夢のないことをいうと「ウワバミくん」というより「亀さん」でした。

他にもショップには「星の王子さまグッズ」がたくさんあります。
翻訳本もかなりの種類があるので、自分にあった「星の王子さま」をみつけてください!

▼お店もすべて南仏プロバンスをイメージしています。アイスコーヒー200円
星の王子さまPAのコーヒー|飯能・秩父ツーリング【2010夏】
絵本のような風景のなかで飲食をしていると、自分の人生がちょっと豪華になって気がします。
そんなときに、おじちゃんたちの「ここにラーメンはないのか?」という声が聞こえ。
ラーメンを食べたいひとはこの「星の王子さまPA」にきちゃいけません(-_-メ;)

▼全体像はこんな感じ
星の王子さまPAの全体写真|飯能・秩父ツーリング【2010夏】

なんだかんだいってけっこう楽しめました。
今後はビッフェを食べによってみようかしら?

▼星の王子さま関連本

秩父にツーリングにすると「関越 花園IC」または「圏央道 狭山日高IC」から帰るのですが、今日は「関越 本庄児玉IC」から関越にのる予定です。

もちろん「星の王子さま(寄居)PA」にたちよるためです♪

なので、R140を左折して、県道13号に入りました。
県道13号を走るのは初めてです。農村の中をのんびり走る道です。
おいしそうなお蕎麦屋さんがあったり、個性的な石が飾ってある石屋さんがあったり、結構楽しめました。次にくるときには、お蕎麦屋さんによってみようかしら?

そして県道22号にでて温泉につかります。

▼湯郷 白寿 入浴料700円(時間制限なし)。タオル購入300円。
湯郷 白寿|飯能・秩父ツーリング【2010夏】

ここの温泉のお湯は茶褐色なの。
洗い場も湯船の近くの床は茶褐色に染まっており、ちょっとぎょっとします ( ̄  ̄!)
露天風呂もあります。
屋根が大きいので、日陰でまったり温泉成分をカラダ中に浸透させました!

お風呂からでたあとに、化粧水をつけなくても肌がつっぱりません。
それくらい「しっとり感」がながもちするんです。

▼温泉後にはお酢飲料の自販機でりんご味お酢を飲みます。100円。
飲用お酢|飯能・秩父ツーリング【2010夏】

一口に口に含んだ瞬間「お酢」。
「無理かも...」と思いかけたときに「りんごジュース」になり、おいしくいただけました。

さあ、これでこころおきなく「星の王子様PA」をめざせますわよ。


▼ツーリングのおともに

飯能での用事が済んだので、R299にでます。
R299は、線路沿い、川沿いを走るなかなか風情のある道です。
別名「あじさい道」というようで、道のいたるところにアジサイが咲いております。

途中事故があったようで、少しだけ渋滞をしていましたが、事故現場を過ぎたところからは、交通が流れておりました。

R140にでたところの「道の駅秩父」で一休み

▼湧き水でのどの渇きを潤します
ちちぶの水@道の駅秩父|飯能・秩父ツーリング【2010夏】

冷たくて新鮮さが、カラダ中にしみわたります。

地元の方が車にタンクをいっぱい積んで給水していました。
道の駅だけでなく、秩父にはおいしい水がでる場所が他にもあります。
「ちちぶの名水めぐり」をしてみるのもいいかもしれません。

さて、道の駅をあとにしてR140を北上している最中に、おいしそうな和菓子屋さん「栗助」を発見。さっそくハンドルをきります。

お店の名前からして「栗」に関連した和菓子が並んでいます。
試食の出しかたが太っ腹なのをいいことに、数種類食べてみます。

栗がいきてます。
でも、いまの気分は和菓子ではありません。

▼目についた「かえでのラムネ」を飲むことにしました。250mlで150円。
かえでのラムネ|飯能・秩父ツーリング【2010夏】

ビー玉落としに失敗して、床を濡らしました(TロT)
ほんのりとしたナチュラル甘みと、炭酸の爽快さがたまりません!

おうちに帰ってから新聞を読んでいたら「かえでのラムネ」が掲載されておりました。
カエデは、秩父市の木に指定されています。
国内で25種ほどあるとされるカエデの大半が秩父地方に分布していることに着目。
葉っぱからラムネを開発したようです。。。

秩父名物として定着するといいですね。


▼ツーリングのことなら

2010年7月10日久々にお休みに晴れました( ̄ー ̄)v

さっそく「天気がよくなったら走ろう」と、温めていたプランを実行にうつします。
下のふたつが今回のツーリングのメインテーマ。
==================================
・お庭菜園(といっても、お庭がコンクリなのでプランタですが)のための種購入
・6月30日にオープンした「星の王子様PA」見学
==================================
今回のツーリングルートはこちら(Google map)

身支度を整えて9:40にスタート!

関越練馬ICから関越道にはいります。
2度目のETCは順調に動いております。
川越ICで高速をおりてR16→県道262→R299→県道70で「野口の種屋さん」に到着。
この種屋さんを知ったのは、日経新聞に店長さんがでていたから。
新聞の記事を読んで、興味をもち、著書を読み(「いのちの種を未来に 野口勲」)家庭菜園をしてみたい!と思い立ったのさ。

種屋さんが飯能にあるので、ツーリングついでに行ってみよう!と思いでかけました。
県道70沿いにありますが、県道より標高が低い場所にお店はあります。
通り過ぎかけて戻りました (・.・ ) ( ・.・)

たくさんある中から「プランタで栽培できる」「初心者でも失敗なさそう」「時期があう」を条件に、コメット(赤丸二十日大根)と新黒水名小松菜とを購入。

▼それぞれ300円の合計600円
野口の種

プランタや、土も用意せねばなりません。
お庭菜園まではまだまだ遠い道のりです。。。

さて、県道70号線を走っている際に気になる看板を発見しました。
「飯能銘菓『四里餅(しりもち)』」って???

こういうご当地もの大好きです。
お店にたちよることにしました。

「四里餅」以外にもたくさんのおいしそうな和菓子屋が売っております。
ま、迷うなー。

初心貫徹で「「四里餅」を頼みましたところ「つぶですか?こしですか?」と聞かれました。
なんとつぶあんとこしあんがあるみたい。

▼3秒考えて「つぶあん」にしました。125円。
四里餅|飯能・秩父ツーリング

ちなみに、つぶあんは、たての押し印。
こしあんには、横にしたおもちに「四里餅」の押し印が押されています。

つぶあんを包むおもちがしっとりとしてやわらかーい。
あんこは上品な甘さ。
店員さんがだしてくれた濃い目のお茶とよくあいます。

私が食べている間に、何組かのお客様がいらっしゃいました。
きっと地元で評判の和菓子屋さんなんでしょうね。

県道70号線を通る機会があればまたたちよりたいです。


keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


twitterで地元、ツーリング情報配信中
ハーレーダビットソンでツーリング(非公式)
大好きな地元「池袋エリア」の情報配信中

最近のコメント

アーカイブ