箱根ツーリング【2007秋】の最近のブログ記事

2007年10月7日のわたし、富士山にいってみたい。
3年近く前のことでまったく記憶にないのさ。

▼でも、富士山の写真があるのさ。
富士山|箱根ツーリング【2007秋】

▼たぶん、富士山スカイライン新富士5合目からみた雲海
富士山スカイライン 新富士5合目の雲海|箱根ツーリング【2007秋】

▼もうひとつ雲海
富士山スカイライン 新富士5合目の雲海2|箱根ツーリング【2007秋】

このあとにねー。
氷穴または、風穴らしき写真があるの。
ボケボケしていて、人様にお見せできる代物ではないの。

おそらく、どっちかにたちよったんだと思うよヽ( ̄ー ̄ )ノ

さらに、温泉にいったような気もしてきました。

あー。覚えてないので、これで箱根ツーリング【2007秋】のレポートは終了します。

▼富士山ツーリングのガイドブック

鉾八のひとくちかまぼこ カマンベール仕立てチーズ|箱根ツーリング【2007秋】

ユネッサンで「本日の夕ご飯」を物色している時に「ananに掲載されました」のキャッチに目がとまる。
弱っている女子力を取り戻そうと購入。

食べてみると、チーズがとろりとして、かまぼこのぷちぷちした食感とマッチしてます。

「チーズ+かまぼこ」っていう組み合わせがすごいよね。

▼通信販売で購入できます!
値下げしました!鉾八のひとくちかまぼことろ~りとろけるカマンベール仕立てのチーズ味伊豆箱...

県道733→R1→県道734経由で本日のお宿「箱根小涌園B&Bパンシオン箱根」に到着。
リーズナブルな価格で、寝床と、朝ご飯を提供してくれる宿です。
必要最小限のものをコンパクトにまとめた「ビジネスホテル」といったところでしょうか?

大浴場は温泉。お湯が柔らかい♪
でもでもでも。

パンシオンと、ユネッサンは系列会社なので「パンシオン宿泊サービス券(1,000円引き!)」がもらえます。
歩いて7、8分。約20分間隔で、シャトルバスもでています!
せっかくなので、いってみることに。

シャトルバスが玄関の斜め前に停車していたので、運転手さんに声をかけてバスを発車してもらいました。

ユネッサンでゆるキャラをみつけ、たいそう気に入ったので紹介

▼はこね→ハコネコ→BOX+HAPAAY→ボザッピィ
ボザッピィ|箱根ツーリング【2007秋】

▼ボンジャー・ノン(ボザッピィの彼女)
ボンジャー・ノン|箱根ツーリング【2007秋】

▼ピピィ(ボザッピィのオネーチャン)
ピピィ|箱根ツーリング【2007秋】

▼ボザッピィの「おともだちとか」にカテゴライズされている名なしくん
ボザッピィのおともだち|箱根ツーリング【2007秋】

ユネッサンの「ワイン風呂」と「ビール風呂」にときめきを感じましたo(^O^*=*^O^)o

でもね。
♪みっずぎ~、もってない~♪(松田聖子の渚のバルコニー(カラオケ))ので「森の湯」にゆく。

ききそうなお湯。
都合の悪いことを「水に流す」とよく言いますが、自分が蓄積したネガティブなものが、お湯に融けて流れていくような気がしました。

お子様連れが多いのよね。
いくら楽しくても水しぶきをあげて泳いではいけません。

「温泉にきたら、お風呂はパパとはいろうね」運動を展開しようと決意をしました。


さて、朝ご飯の食べ放題のパンは、温かくて美味でした!

★お小遣帳
B&Bパンシオン宿泊:4,150円(室数限定サービス価格)
森の湯(裸ゾーン):800円(パンシオン宿泊サービス券利用) 

▼B&Bパンシオンにはこちらから予約ができます
箱根小涌園B&Bパンシオン箱根

R138で渋滞にはまる。行楽シーズンの3連休初日。人が多くって当たり前だね!
仙石原から県道75号線にはいったところで「星の王子様ミュージアム」を発見。
「本当に大切なものは、目に見えないんだよ」
とつぶやきながら、ハンドルを切る。

▼チケット売り場の王子さま
チケット売り場の星の王子さま|箱根ツーリング【2007秋】

星の王子さま星の王子さまの本の感想→)」は、私が大好きな作品のひとつ。
高校時代に「原書でも読みたい!」と思って、日本語版に加えて、英語版を購入しました。
辞書を片手に一生懸命訳して、ほんものに近づいた気になっていました。
が、作者のサン=テグジュペリは、フランス人であることが判明(;* *)。
当然、原書もフラ語な訳で。
どうりで作者の名前も英語文化らしくない!って思ってたよ。
...自己完結型の人生には、この手の勘違いがつきものです。

ミュージアムは、作者のサン=テグジュベリが幼少時代を過ごした古き良きフランスの町並みを再現しています。
星の王子さまの舞台って、砂漠だとか、小惑星だったりするから、再現できないんでしょうね。
(※最近できた「寄居PA」改め「星の王子さまPA」も同様です)

▼こんな街並だけでも女子にはいいかも?しゃぼんだまが見えるかしら?
星の王子さまミュージアムの風景|箱根ツーリング【2007秋】

▼電気灯に灯りをともしつづける男性
電気灯に灯りをともす男性|箱根ツーリング【2007秋】

▼星の王子さまの銅像
星の王子さまの銅像|箱根ツーリング【2007】

作者のサン=テグジュベリがこんな一生を送って、なんて展示もありました。
挫折続きの人生で、でも空を飛ぶことに執着しつづけたようです。

「もう一度、星の王子さまを読んでみよう」「ミヒャエル=エンデだとか、自己形成に影響を与えた本がある。再度読むべし」と決意をしました。

でね。家に帰って「星の王子さま」を探したら、ないんだよね。。。
「影響力大」と思った本はとっておくのに。ないんだもん!
どこかの段階で「必要のないもの」になったのかしら?むぅ。

ミュージアム内のカフェでお茶もしました♪

★お小遣帳
駐車料金:150円
星の王子さまミュージアム入園料:1,500円
ケーキセット:600

▼様々な星の王子さま

ターンパイクを抜けて、芦ノ湖スカイラインへ。

途中で迷い、箱根新道にでる。「何か違うよね」と気づき、軌道修正。
ピーカンでないと、野生の勘が働かないヽ( ̄ー ̄ )ノ

箱根峠で給油。
ハレ吉くんはグルメなので、ハイオクを食します。
領収書をみたら「@166円」たかっ。

気をとりなおして、芦ノ湖スカイラインを駆ける。ススキの草原を快走。芦ノ湖も素敵。

▼撮影時間からさっするに、芦ノ湖スカイラインでとった写真
芦ノ湖スカイライン|箱根ツーリング【2007】

♪♪♪だけど、ココロなんてお天気で変わるのさ♪♪♪
これで、富士山が見えたら最高!って思ったら、アンルイスの「六本木心中」が口からでてきた。。。
ライダー気質を如実に表現してます。
晴れてたら、それだけでテンションあがるもん!(例外:北海道の摩周湖)

▼神様が降臨してきそうな風景
神の降臨|箱根ツーリング【2007秋】

▼三国峠で撮影。
三国峠|箱根ツーリング

大きな石に、「三国峠」とペンキで文字を書いてます。。
なんとも言えない迫力があります!

★お小遣帳
芦ノ湖スカイライン通行料:250円
箱根スカイライン通行料:250円

▼箱根ツーリングガイド

天気は、くもったり晴れたり。さっそく、憧れのターンパイクを走行します。
紅葉にはまだ早いようで、ススキが揺れてます。

ツーリングマップル関東甲信越、バイク雑誌に載っていた「富士山」は、姿を現してくれません。。
もうシャイなんだから♪

次のカーブに集中をしていると、日常茶飯事が頭から抜けていきます。
無心にアクセルを廻して、ブレーキ踏んで、バンクをかけ、また、アクセルをあける。
そのくり返しを積み重ねることで、余分なものが削ぎ落とされていきます。
軸が見えてきます。
転職してから、半年。忙殺されていた自分が蘇ってきます。

あっという間に、ビューラウンジに到着。

ツーリングマップルにのっていた「手作りチーズケーキ」を探します。
ホットドック屋さん、おそば屋さん、パスタ屋さんがあります。
でも、どの店にも「チーズケーキ」はありません。。
食べたかったのにぃ。チーズケーキo(>д<。 o)

お腹がすいたので、たぬき蕎麦をぱくつきました。

▼太陽が恥ずかし気に顔をだしたので、歩道橋を渡って、大観山へ。
大観山|箱根ツーリング

ここでも富士山は姿を現しません。
美しい景色に出逢うためには、天気や気温や風、自分の体調など、様々な要素が合致する必要があります。
この日は、そのタイミングではなかったようです。太陽も隠れてしまいました。

▼大観山から見えたすすきと芦ノ湖(かしら??)
大観山から見えたすすきと芦ノ湖|箱根ツーリング

そして、ハレ吉くんに跨がり、ターンパイクをでた瞬間に晴やがった(m- -)m
ギャグ漫画みたいで、おもしろかったです!

★お小遣帳
TOYOTIRES ターンパイク通行料:500円

▼箱根ツーリングのガイドブック

溜め込んだ画像の整理をしつつ、昔のツーリングレポートをまとめています。

今回は2007年10月6日、7日の箱根ツーリングのレポートです。
この「箱根ツーリング」は、ケータイでまめに更新してたみたいで、文章が残っています。
ケータイの画像ばかりで、あまりきれいじゃないです。

でも、文章とデジカメの写真撮影時間があいません( ̄~ ̄;)
どうも、カメラの日時設定が数時間ずれてたみたいです。
だって、10:15頃におうちをでて、10:14に箱根の大観山にいることになってるんだよ。

ドラえもんのどこでもドアがあればできないことはないですね(苦笑)
まあいいんだけど。

前置きはこのくらいにして、ツーリングレポートを開始します。

2007年10月6日10:15頃おうちを出発しました。
最寄りの入り口から首都高に入ります。

ちなみにわたしの愛用の入り口は、本線に右側車線から進入します(」゚ロ゚)」
最初にのった時「私が右側車線を走ってよいのでしょうか?」と、ビビったさ。。。

渋滞を時速30~50キロですり抜けつつ、東名にすすむ。
そういえば、出発前にネットでみた道路交通状況は「渋滞」「混雑」を表す「赤」「オレンジ」だったよね。と思いながら、走行。

ここでも、すり抜け、すり抜け。
気を使うので疲れます。海老名SAで一度お休みをする。

若かりし頃は「疲れたら休む」ことをしていたのですが、今は「疲れる前に休む」ことにしています。
年齢を重ねるとともに、走り方が変わってきます。
そういう自分の変化に気づきます。

東名を厚木でおりて、小田原厚木道路にはいります。
有料道路(高速じゃないのよ)ですが、高速と変わらないペースで走行できます。

あっと言う間に、小田原西ICに到着します。
ここからターンパイクまでは1キロほどらしい。
案内看板がでていたので、方向音痴の私でも迷わずターンパイクにたどり着けました。

★お小遣帳
首都高:700円
東名高速の東京~厚木:1,050円
小田原厚木道路:600円

▼箱根ツーリングのガイドブック

keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


twitterで地元、ツーリング情報配信中
ハーレーダビットソンでツーリング(非公式)
大好きな地元「池袋エリア」の情報配信中

最近のコメント

アーカイブ