日高・秩父・小鹿野ツーリング【2010秋】の最近のブログ記事

♪行きはよいよい、帰りは怖い♪

関越は渋滞をしておりました。
行きはスムーズに流れていたのにー。
すり抜けを続け、疲れてきたので三芳PAによることにしました!

時間は18:30前。ここで夕飯を済まそう、というより、小腹系。何食べようかな?
春にきたときは「Pasar三芳限定のカイザードック」にしました。
今度は何にしようかな?

▼三芳酒種あんぱんの一種「クリームパン」にしました
Pasar三芳限定 三芳酒種あんぱん|日高・秩父・小鹿野ツーリング

このクリームパン、ただものではありません!
日本独自の酵母(=酒種?)を使った「Pasar三芳限定 三芳酒種あんぱん」全6種の中のひとつなんです。

「円盤」というより「円柱」に近いふくらみ具合。これが「酒種」の力なのかしら?
パンのがしっとり。クリームが、バターのような風味で、濃厚なの。

うふ(-^〇^-)次くるときは、一番人気の「あんバター」に、チャレンジしようかな?

このあと、無事におうちまで帰りました。


▼日高・秩父・小鹿野エリアの宿泊施設はこちら

| コメント(0) | トラックバック(0)

県道37号を両神方面へ走ります。
やがて「ダリア園○km」の看板が目に入ります。
こんな看板がみえたら、こっちもの。

看板にしたがって、何も考えずに、ぼーっと田舎道をココロと脳みそをまっしろにして走ります。

15:15ダリア園に到着!
協賛金300円を払って、さっそくダリア見学。

しばらくお花をみて...「ダリア」ときいたときに、何も思い浮かばなかった理由がよーく判りました!
だって一言で「ダリア」といっても、それぞれのお花の個性が強いのさー。

例えば、桜はピンクのこじんまりとしたお花の集合、ひわまりは、真ん中に円形の茶色い種があって、円周に黄色の花びらがついていて、朝顔だったら、ピンクから紫、青のラッパ型、といったように「典型的な色とカタチ」というのがあるでしょ?

でもダリアには「典型的な色とカタチ」がないんだよ。
色もさまざまだし、カタチも十人十色。

▼ピンクと白の組み合わせ。しっとりさん
ダリア園のダリア(ピンク白)|日高・秩父・小鹿野ツーリング

▼紫で、真ん中のはなびらがまるまってます
ダリア園のダリア(紫)|日高・秩父・小鹿野ツーリング

▼濃紅の花びらと黄色のめしべ
ダリア園のダリア(濃紅)|日高・秩父・小鹿野ツーリング

▼不思議な色の蝶々さんがとまってます。
ダリア園のダリアと蝶々|日高・秩父・小鹿野ツーリング

姿カタチだけではなく、名前もすごくユニークなの。
「マダム加代」「福は内」「土俵入り」「サンタクロース」など。
「どのあたりが?」と突っ込みをいれたくなる名前もありました。

いっぱい写真をとったのですが、とてもじゃないけれど、掲載しきれません。
いろんなダリアをみれて、目とココロの保養になりました。

▼さらに、飛行機雲も見えました!!
飛行機雲|日高・秩父・小鹿野ツーリング

2010年は11月3日まで開園をしているそうです。
小鹿野や、両神にきたお花好き、写真好きライダーさんは、よってみる価値ありです。

両神山麓花の郷 ダリア園をでたあとは、R140→関越で、おうちにむかいます


▼日高・秩父・小鹿野エリアの宿泊施設はこちら

| コメント(0) | トラックバック(1)

温泉にはいり、小腹もすいてきました。
「小鹿野」の道案内にしたがって、R299にでて道なりに小鹿野町を目指します。

うふっ(^O^)おやつに羊羹を食べにいくのー。
小鹿野町の町の中心に「古代秩父煉羊羹 太田甘池堂」があって、そこの羊羹がおいしいんだよ。

外に気持ちのいいベンチがあって、小鹿野の町並みを眺めながら、羊羹をほおばるのは至福の時です。(→前回訪問したときのツーリングレポート
こんな気候のよい日なら、なおのこと。
わくわくしながらR299を西に向かいます。

15:00前に「太田甘池堂」に到着。
あ。わたしのお気に入りのベンチがなくなってる。ショック大( ̄□ ̄;)

気をとりなおして、中にはいり「本煉(小)」「柚子(小)」(それぞれ210円)を注文。
そうしたら、若女将(か?)が、切って、お皿にもってくれました。
残りの分は包んでくれました。お茶までだしてくれました!

▼左が本煉、右が柚子
古代秩父煉羊羹 太田甘池堂|日高・秩父・小鹿野ツーリング

柚子は今回はじめてでしたが、ほんのり柚子の香りと味がして美味でした。

若女将と話していたら、両神にある「ダリア園」のダリアが評判いいのだとか。
しばし「ダリア」とは、どんな花なのかを考えます( ̄-  ̄ )
全知性を動員しても「ダリア」が思い浮かびません。
X JAPAN / DAHLIAが脳みそを廻ります。

地元の方がすすめるのは、本当にいいものです。
さっそく『ダリア園』にバイクのハンドルを切りました!


▼日高・秩父・小鹿野エリアの宿泊施設はこちら

| コメント(0) | トラックバック(0)

お花を満喫したあとは、『里山バイキング』を食べるために、星音の湯を目指します。
2010春にいったときに、時間が合わず食べ損ねたので(#T-T) 、今回はリベンジ企画です。

県道15号→あじさいロードR299→R140を軽快に抜けて、あとは「星音の湯」の看板に素直に走り、12:30くらいに門の前に到着。
走っていると、頭やカラダからよぶんなものがぬけて、自分がクリアになっていきます。

星音の湯|日高・秩父・小鹿野ツーリング

うわー( ̄□ ̄;)コンクリの駐車場が満杯。混んでそうです。
でも、朝から何も食べてないのでお腹がすいてます。初志貫徹。
いってみよー!!まずは、ご飯!ご飯!!

受付で、入館料900円を払い、レストラン空楽に向かい、お名前を書いてしばし待つと...席に案内されました!
主に「地野菜」でつくられたであろうお惣菜がてんこ盛り。

▼さっそく、里山バイキングひと盛目
里山バイキングひと盛め|日高・秩父・小鹿野ツーリング

ご飯は、混ぜご飯をチョイス。酢飯で、ごぼうとゴマと何かがはいってた(汗)
「混ぜご飯」というより「ちらし寿司」のほうが近いかも?というお味。
味噌汁は、わかめ。

お惣菜は、きんぴらごぼうが、しゃきしゃきして特においしかったの。

▼里山バイキングふた盛目
里山バイキングふた盛め|日高・秩父・小鹿野ツーリング

左上は秩父名物のみそポテト。「和」だけでなく、パスタもあるの。

▼里山バイキングのすいとん
里山バイキングのすいとん|日高・秩父・小鹿野ツーリング

すいとんのお汁が滋味深いのさー。
あ。たぶん、ごぼうがおいしいんだ。
だから、きんぴらも、混ぜご飯もおいしいんだ!

▼里山バイキング おやつ編
里山バイキングのおやつ|日高・秩父・小鹿野ツーリング

コーヒーゼリーとフルーツ♪♪

おなかがいっぱいになりました。

次は渡り廊下を渡って、温泉へGO

▼なんと、館内を川が通過しています!
星音の湯の天の川|日高・秩父・小鹿野ツーリング

「星音の湯」のお湯は、無色透明。硫黄のにおいはあまりしません!
だから「温泉のにおいが苦手」という人におススメです。

洗い場においてあった「スクラブいりお茶洗顔料」で顔を洗ったら、なんとなんと、ぽろぽろと古い角質が落ちていくではありませんか( ̄Θ ̄;)

こんなに余分なものつけて生活していたのね(苦笑)

露天風呂がふたつあり、夜は星を眺めながら、お風呂につかれるようです。
いいな。いいな。そういうのって♪♪

お湯パワーもなかなかのものです。
おうちに帰ってから何気なく自分を触れると、さわり心地がいいのさー。
嬉しくなって、自分の腕をなでなでしちゃいました!

▼星音の湯には宿泊施設もあって、お泊りでもできます!
秩父吉田温泉 風の音の宿 ばいえる


▼日高・秩父・小鹿野エリアの宿泊施設はこちら

| コメント(0) | トラックバック(0)

2010年10月11日。またとないツーリング日和!
体育の日三連休に秩父方面にツーリングにいってきました!
まだ、2010年夏北海道ツーリングレポートを書きおわっていませんがヽ( ̄ー ̄ )ノ 記憶の新しいうちに、ツーリング日記を書いておきます!

図書館にいって、借りていた本を返して、また、予約していた本を借りてから9:30におうちを出発。関越練馬ICまで、混んでなかったの!奇跡的にスムーズだったの!さらに、関越道も、とってもスムーズに流れ...10:20頃には関越鶴ヶ島ICにいまちた。

そこからR407→県道15号と『曼珠沙華渋滞』にあわずに、10:50過ぎに巾着田に到着。
100円の駐車料金を払って、ハレ吉君を駐車。

そう。すでに「曼珠沙華満開料金」は徴収されません。...ってことはヽ( ̄ー ̄ )ノ?
曼珠沙華は駐車場の周りの「遅咲きゾーン」に色が若干薄めになりながら、咲いていました!!

巾着田の曼珠沙華|日高・秩父・小鹿野ツーリング

2008年の同じ時期に巾着田にきた時には、悲しいことになっていました。
たぶん、秋に咲くお花の開花は、気温が下がることが、スイッチになっているのだと思います。
今年の初秋は『残暑』が厳しかったので、なかなかスイッチオンにならず、咲き始めるのが遅かったのでしょう。
だから、2008年と同じ時期にきても、まだ咲いていたのでしょうね。

▼その代わり、コスモスが満開( ̄ー ̄)v
コスモス@巾着田|日高・秩父・小鹿野ツーリング

水色の空と緑に見える地面に、紫とピンクと白の配置がメルヘンちっく。
山口百恵さんの「秋桜(コスモス)」が頭の中に廻ります。
※このアルバム「ゴールデン☆ベスト 山口百恵 コンプリート・シングルコレクション」の中にはいっています。

♪こんな小春日和の穏やかな日は あなたのことを...♪

同じ「秋桜(コスモス)」なのにー。
山口百恵さんの歌には、凛とした母思いの女性・しっとりとした「和」のイメージがあったので、こののどかな風景となんだか違和感があります。うーん( ̄-  ̄ )うーん( ̄-  ̄ )

▼薄紫のコスモスに他の蕾がささっており、さらに蜂ちゃんがめしべにしゃぶりついてます
秋桜(コスモス)と蕾と蜂

▼バッタさん発見!!
バッタ@巾着田|日高・秩父・小鹿野ツーリング

五感の保養をしたので、次にはお腹を満たしにいきます!!

[追伸]あとで調べたら百恵ちゃん「曼珠沙華(まんじゅしゃか)」という歌も歌っています。

▼曲の頭の長めの台詞と「もう、二十歳(ハタチ)...」という台詞が印象的です
ゴールデン☆ベスト 山口百恵 コンプリート・シングルコレクション


▼日高・秩父・小鹿野エリアの宿泊施設はこちら

| コメント(0) | トラックバック(2)
keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


twitterで地元、ツーリング情報配信中
ハーレーダビットソンでツーリング(非公式)
大好きな地元「池袋エリア」の情報配信中

カテゴリ

最近のコメント

アーカイブ