阿蘇ツーリング【2007】の最近のブログ記事

▼今はなき「シャトルハイウェイ 大分-久里浜」間でみたお月様 シャトルハイウェイから見た月

群青色のグラデーションが美しい。 月がいきているようにきらめくんだよ。 ぼーっと時間を忘れ眺めていました。

2007年にのせてもらった「大分-久里浜」便は、なくなってしまいました。 現状東京から九州に行くフェリーは「東京−新門司」間しか運行していないみたいですT^T)

想いでが詰まったいろんなものがなくなっていくのは、寂しいですね。

久々に写真の整理をして、転職した頃の気持ちだとか、再度阿蘇を訪れるためにがんばろうと思ったことだとか、宿題だとかを思いだしました。

自分を振返るよい機会になりました♪

★帰還直後に書いた能天気なブログ →「大人になってよかった食編 阿蘇ツーリング


| コメント(0) | トラックバック(0)

リベンジ企画「別府地獄めぐり」も終わり、あとは大分港にいくだけ。 時間があるので、温泉に入り、国道から逸れて県道を走る。

▼そしたら、菜の花畑が

菜の花畑

何でもない道だったのですが、こんな景色にであえました。
これからの人生を、菜の花たちが祝福してくれているような気になりました( ̄ー ̄)v


| コメント(0) | トラックバック(3)

国の名勝にも指定され、別府市の天然記念物にも指定される間欠泉が龍巻地獄。
ある意味最強の「地獄」なのかも知れません。

30分から40分に一度、熱水が噴出します。
待っている間には、売店で売っているアイスを食べるのもよいかも知れません。

▼龍巻地獄の噴出

龍巻地獄|別府地獄めぐり

これでリベンジ企画「別府地獄めぐり」8カ所を終了。満喫しました。

学生時代の悲しい気分の自分に「10数年後にはリベンジできるから」と声をかけ、抱きしめてあげたいものです。


| コメント(0) | トラックバック(4)

さて、ハレ吉くんに乗ってプチ移動。

▼血の池地獄にやってきました。

血の池地獄|別府地獄めぐり

何でも日本最古の地獄。オレンジ色の熱の泥。禍々しさが漂います。
別府地獄めぐりの地獄の中で一番地獄らしい地獄です。

ここではね。いろんな看板類が面白かったの。

最後は「龍巻地獄」です。


| コメント(0) | トラックバック(0)

▼青みがかった乳白色の地獄

白池地獄|別府地獄めぐり

今回ブログを書くので別府地獄めぐりの公式サイトを見てました。
そうしたら「海地獄」「血の池地獄」「龍巻地獄」「白池地獄」の画像に「国指定名勝」の文言が慎ましくついています。他のものにはついていません。
何でも上の4つの地獄は2009年7月に「国指定名勝」指定が決まったみたい。

webサイト運用者として、こういう事情ってよーくわかるのよ。
せっかく国のお墨付きをもらったのだから宣伝をしたい!
でも、指定されなかった他の地獄のことも考えなければ...、と。
で、地味な訴求なったのでしょう。

国の名勝に指定される実力がある「白池地獄」ですが「美人なんだけどアクが弱い」的な存在の気がします。
阿蘇から帰った直後にも思いだせなかったみたいです
→「白池地獄 阿蘇ツーリング

かえって、秘宝館の看板に反応してます。


| コメント(0) | トラックバック(0)

ワニがいっぱいいるワニ地獄にやってきました。

赤鬼くんが歓迎してくれ、地獄めぐり気分を盛り上げてくれます。
→「ワニ地獄 阿蘇ツーリング

鬼山地獄(ワニ地獄)の趣旨はたぶん「山地獄」と一緒。
温泉熱を利用したワニの飼育をしています。

鬼山地獄・ワニ地獄|別府地獄めぐり

池の中にてんこ盛りのワニさん。
水からでている部分は寒くないのでしょうか?

日本で一番長老だった(71歳)ワニの初代「イチロウ」の剥製も展示してあります。
ワニ好きの方にはたまらない地獄でしょう。

次は「白池地獄」へGO!


| コメント(0) | トラックバック(0)

やってきました「かまど地獄」。
かまど地獄には1丁目から6丁目まで湯池があって、いろいろな「地獄」が楽しめます!

▼なかでも豪華なのが、二丁目のオブジェ

かまど地獄|別府地獄めぐり

気の弱そうな、ずるがしそうな、情けない顔をした悪者くんを鬼くんが懲らしめています。
...どういうシュチエーションなんだろう( ̄~ ̄;) ?

美肌効果のあるコーナーや、砂湯、分福茶釜のたぬきさんコーナーもあります。

「時間がないけど、地獄めぐりをしたいんだ!」という方は「かまど地獄」だけみるのもありかも知れません。

さあ、次は「鬼山地獄(ワニ地獄)」だ!


| コメント(0) | トラックバック(0)
| コメント(0) | トラックバック(3)

海地獄見学の前に海地獄のお湯で蒸したという「地獄蒸しプリン」を食す。

こういうご当地ものは「物語」を食べるようなもので。
「学生時代のリベンジ企画の一環」「海地獄のお湯で蒸した」「卵・砂糖・牛乳のみでつくっている」などを含めれば、よりおいしくいただけたのに。

そういったことが分かったのが、この約3年の成長なのでしょう。

さて、肝心の海地獄▼

海地獄|別府地獄めぐり

神秘的なコバルトブルーで、「地獄」という名に似つかわしくない美しさ。
ひんやりしてそうに見えますが、実際には98度以上あるそうです。
触れたら、確実に火傷します。

さらに「海地獄」には足湯もできていました。
※学生時代にはなかった気がします※

しっかり足湯につかり、ひと休みしました。


| コメント(0) | トラックバック(3)

さて、3つめの地獄にやってきました。

▼それは「鬼石坊主地獄」

鬼石坊主地獄|別府地獄めぐり

グレーの熱泥が沸騰し、ぷくーっとふくれる様が、お坊さんの坊主頭に見えることから「坊主地獄」の名がついたようです。

そうとうがんばって、決定的瞬間を撮ろうとしたのですが、私の撮影技術では無理でした(T.T)

鬼石坊主地獄には、無料の足湯と有料の温泉があります。

ゆっくり休んだあとは「かまど地獄へ


| コメント(0) | トラックバック(0)
keikeiakaka
管理人:けいけいあかか
自称:ライフデザイナー。 やりたいことが多すぎて、 人生の秋休み中。 節約&エコ&本&放浪好き。 2011年夏に日本一周を達成。 次は世界一周を夢見つつ webサイトの更新をする毎日です。


twitterで地元、ツーリング情報配信中
ハーレーダビットソンでツーリング(非公式)
大好きな地元「池袋エリア」の情報配信中

カテゴリ

最近のコメント

アーカイブ