ライフデザインTOP本の感想・レビューTOP >赤塚不二夫

赤塚不二夫の作品(本・映画・DVD)一覧

嵐を超えて(1956年) 赤塚不二夫のデビュー作

ギャグ漫画を描きたいのに、心ならずも少女マンガを描いていた頃のデビュー作。描きたいものが描けないなら…と、トキワ荘をでて、別の仕事を探そうとしていたそうです。
マンガ
「嵐をこえて/嵐の波止場」の詳細をみる(楽天)
「嵐をこえて」「嵐の波止場」完全復刻版」の詳細をみる(Amazon)
▲このページの上に戻る

荒野に夕日がしずむとき(1957年)

「やらされている感」がちょっぴり見え隠れする作品。トキワ荘の巨匠たちがトキワ荘時代に描いた少女マンガを集めた「トキワ荘パワー」に収録されています。
マンガ(トキワ荘の巨匠たちのトキワ荘時代の少女マンガ集)
トキワ荘パワー!」の詳細をみる(楽天)
トキワ荘パワー! 」の詳細をみる(Amazon)
▲このページの上に戻る

赤い火と黒かみ (1958年)

石森章太郎・水野英子との合作、U・マイア名義の作品。トキワ荘の巨匠たちがトキワ荘時代に描いた少女マンガを集めた「トキワ荘パワー」に収録されています。
マンガ(トキワ荘の巨匠たちのトキワ荘時代の少女マンガ集)
トキワ荘パワー!」の詳細をみる(楽天)
トキワ荘パワー! 」の詳細をみる(Amazon)
▲このページの上に戻る

ナマちゃん(1958年)赤塚不二夫の初連載

雑誌「漫画王」に8ページの穴があき、石森章太郎氏のところに穴埋め原稿の依頼がきました。石森氏は赤塚氏に「チャンスだから、8ページ好きなようにギャグ漫画を描いたら」とすすめました。そして描いたのが「ナマちゃん」。穴埋め原稿のはずが、連載になりました!赤塚不二夫の快進撃はここから始まります!
デジタルコンテンツ
ナマちゃん(1)」の詳細をみる(楽天ダウンロード)
ナマちゃん(2)」の詳細をみる(楽天ダウンロード)
▲このページの上に戻る

おハナちゃん(1959年-1961年)

「おハナちゃん」というおしゃまな女の子が活躍する微笑ましい作品。トキワ荘の巨匠たちがトキワ荘時代に描いた少女マンガを集めた「トキワ荘パワー」に収録されています。(一部のみ)
マンガ(トキワ荘の巨匠たちのトキワ荘時代の少女マンガ集)
トキワ荘パワー!」の詳細をみる(楽天)
トキワ荘パワー! 」の詳細をみる(Amazon)
▲このページの上に戻る

カン太郎 (1961年)

チビ太に似ているけど、チビ太じゃありません!でも、きっとチビ太の原型(^◇^)/
デジタルコンテンツ
カン太郎」の詳細をみる(楽天ダウンロード)
▲このページの上に戻る

おそ松くん (1962年-1967年)


六つ子ちゃんだけでなく「イヤミ」「チビ太」といった脇役がたっている作品。この「おそ松くん」によって赤塚不二夫は漫画家としての地位を不動のものにしました
マンガ(本)
おそ松くん」の詳細をみる(楽天)
おそ松くん【大人買い】」の詳細をみる(楽天)
おそ松くん」の詳細をみる(Amazon)
デジタルコンテンツ(マンガのダウンロード)
おそ松くん」の詳細をみる(楽天ダウンロード)
おそ松くん【大人買い】」の詳細をみる(楽天ダウンロード)
アニメ(DVD)
おそ松くん」の詳細をみる(楽天)
おそ松くん DVD-BOX【大人買い】」の詳細をみる
おそ松くん
アニメソングなど
爆笑アカツカ TVショー~赤塚不二夫 アニメ大全~【CD】」の詳細をみる(Amazon)
爆笑アカツカ TVショー~赤塚不二夫 アニメ大全~【CD】」の詳細をみる(楽天)
おそ松くん音頭」の詳細をみる(楽天ダウンロード)
▲このページの上に戻る

ひみつのあっこちゃん(1962年-1965年)

「テクマクマヤコン、テクマクマヤコン、○○になーれ!」という呪文を唱え、○○に変身したアッコちゃんが活躍するお話です。つい、最近まで赤塚不二夫氏の作品だと知りませんでした。私も変身できるコンパクトがほしいです!
マンガ(本)
ひみつのアッコちゃん」の詳細をみる(楽天)
ひみつのアッコちゃん」の詳細をみる(Amazon)
デジタルコンテンツ(劇画化されたもの)
ひみつのアッコちゃん(劇場版)」の詳細をみる(楽天ダウンロード)
アニメ(DVDなど)
ひみつのアッコちゃん」【DVD】の詳細をみる(楽天)
ひみつのアッコちゃん」【DVD】の詳細をみる(Amazon)
テーマ曲
ひみつのアッコちゃんのテーマ曲」の詳細をみる(楽天ダウンロード)
ひみつのアッコちゃんのテーマ曲【CD】」の詳細をみる(楽天)
ひみつのアッコちゃんのテーマ曲【CD】」(Amazon)
▲このページの上に戻る

$ちゃんとチビ太(1965年-1966年)/なんでもやろうアカツカくん(1966年)

『おそ松くん』でおなじみのチビ太が主役に大抜擢されたスピンオフ作品。雑誌掲載時とは、題名を変更しています。 イヤミやデカパンも登場。それにしても『チビ太のおでん』はおいしそうだね。
デジタルコンテンツ(マンガ)
チビ太(1)」の詳細をみる(楽天ダウンロード)
チビ太(2)」の詳細をみる(楽天ダウンロード)
▲このページの上に戻る

天才バカボン(1967年-1970年)

赤塚不二夫氏の代表作品。「週刊少年マガジン」「週刊少年サンデー」など雑誌をわたり歩いて描きました。後半3/4くらいから、シュールな世界に突入しているようです。アニメ化は全部で4シリーズ。そのうちの3シリーズが全部デジタルコンテンツで閲覧できます。
マンガ(本)
子供の頃にはできなかった【大人買い】
一冊ずつバラバラにチョイス!表紙のキャラがかわいい♪
デジタルコンテンツ
天才バカボン(1971年9月25日-1972年6月24日:全40回)
元祖天才バカボン(1975年10月6日-1977年9月26日:全103回)
平成天才バカボン(1990年1月6日-同年12月29日:全46回)
▲このページの上に戻る

たまねぎたまちゃん(1967年-1969年)

小学一年生に掲載されていた作品。赤塚不二夫氏の「優しさ」「愛」があふれる「裏の裏」は表なのだ!という作品
マンガ(本)
たまねぎたまちゃん」の詳細をみる(楽天)
たまねぎたまちゃん 愛蔵版」の詳細をみる(Amazon)
▲このページの上に戻る

もーれつア太郎(1967年-1970年)

赤塚不二夫氏の代表作。「ニャロメ」も「べし」も「ケムンパス」もア太郎出身!
マンガ(本)
全巻まとめて大人買い
表紙をみながら、一冊づつキャラ買い
DVD。主役なのに、パッケージにしてもらえないア太郎がかわいそうです(涙)
もーれつア太郎のアニメ全部が計4巻のDVDになりました!
デジタルコンテンツ
昔のア太郎のマンガが、デジタル版になって復刻!デコッ八の番外編も
▲このページの上に戻る

天才バカボンのおやじ (1969年-1973年)作画協力:古谷三敏

色の塗り方、線の書き方に赤塚氏とは異なる古谷氏の個性がでてます
マンガ(本)
天才バカボンのおやじ(1)」の詳細をみる(楽天)
天才バカボンのおやじ(2)」の詳細をみる(楽天)
天才バカボンのおやじ (1) (竹書房文庫 BO 1)」の詳細をみる(Amazon)
天才バカボンのおやじ(2) (竹書房文庫 (BO-2))」の詳細をみる(Amazon)
▲このページの上に戻る

ギャグゲリラ(1972年-1982年)

あの週刊文春に掲載された「ギャグゲリラ」が全巻デジタルコンテンツで蘇りました!
マンガの傑作選(文庫本)
週刊文春「ギャグゲリラ」傑作選」の詳細をみる(楽天)
週刊文春「ギャグゲリラ」傑作選 (文春文庫) 」の詳細をみる(Amazon)
デジタルコンテンツで復活
ギャグゲリラをダウンロードして読めます!一覧はこちら
▲このページの上に戻る

ニャロメ

もーれつア太郎の中で、ニャロメが大活躍するマンガを集めた『ニャロメ』ファン必見の本
マンガ(本)
ニャロメ!!」の詳細をみる(楽天)
ニャロメ!!―「もーれつア太郎」より (ちくま文庫)」の詳細をみる(Amazon)
▲このページの上に戻る

少年フライデー(1974年-1975年)

デジタルコンテンツで復活をしています!赤塚不二夫の快(怪)作
「少年フライデー」デジタルコンテンツ
少年フライデー(1)赤塚不二夫
少年フライデー(2)赤塚不二夫
▲このページの上に戻る

ワルワルワールド (1974年-1975年)

良い人がひとりも登場しない!ダークサイド赤塚不二夫の決定版
ワルワルワールドのデジタルコンテンツ
ワルワルワールド(1)赤塚不二夫
ワルワルワールド(2)赤塚不二夫
▲このページの上に戻る

つまんない子ちゃん(1975年-1976年)

仲良しのプーワニがへんてこでかわいい。さてさて、今日はどんないたずらをするの?
つまんない子ちゃんのデジタルコンテンツ
つまんない子ちゃん 赤塚不二夫
▲このページの上に戻る

ニャンニャンニャンダ(1975年-1976年)

死んだ猫「ニャンダ」にそっくりな人形を作ったおじいさん。ウメボシの神様が、ニャンダに命を与え…
ニャンニャンニャンダのデジタルコンテンツ
ニャンニャンニャンダ(1)
ニャンニャンニャンダ(2)
▲このページの上に戻る

のらガキ(1975年-1976年)

捨て子の「のらガキ」と育ての親・ネコの「かあちゃん」が仲良く、そしてたくましく生きるさまを描いた作品。赤塚不二夫の生い立ちをかじったファンなら「のらガキ」は赤塚氏の分身かも?と想像してしまいます
「のらガキ」のデジタルコンテンツをまとめ買い!
のらガキ[全4巻] 赤塚不二夫
「のらガキ」のデジタルコンテンツを少しずつみる
のらガキ(1) 赤塚不二夫
のらガキ(2) 赤塚不二夫
のらガキ(3) 赤塚不二夫
のらガキ(4) 赤塚不二夫
▲このページの上に戻る

母ちゃんNo.1(1976年-1977年)

運送屋で働く山田には秘密があった。職場では独身男性として働いているが、家に帰れば……母ちゃんなのだ!赤塚先生の母への思いが、この作品の土台でしょうか?
デジタルコンテンツをまとめ買い!
母ちゃんNO.1を大人買い
デジタルコンテンツを一冊ずつみる
母ちゃんNO.1(1) 赤塚不二夫
母ちゃんNO.1(2) 赤塚不二夫
母ちゃんNO.1 (3)赤塚不二夫
1994年から掲載された新シリーズ
新・母ちゃんNO.1 赤塚不二夫
▲このページの上に戻る

コングおやじ (1976年-1977年)

人間?ゴリラ?いや、コングおやじだ!ジャングルから都会へと出てきたコングおやじが、持ち前の馬鹿力で大騒動を巻き起こす!少年キングに連載された全52話のうち、単行本未収録が38話!その38話も完全収録、カラー原稿(ほぼ)完全網羅のこれぞ決定版!
デジタルコンテンツ
コングおやじ(1) 赤塚不二夫
コングおやじ(2) 赤塚不二夫
コングおやじ(3) 赤塚不二夫
▲このページの上に戻る

タトルくん (1976年)

「タルト」じゃないよ「タトル」だよ。たぶんカメ。銀河の彼方、タトル星からはるばると、甲羅(?)ひとつでやってきた、その名もタトル君。
デジタルコンテンツ
タトルくん 赤塚不二夫
▲このページの上に戻る

不二夫のギャグありき (1977年)

多くの赤塚作品のように、へんてこキャラが活躍する作品。おもしろ日常生活を描くギャグエンターテインメント
デジタルコンテンツ
不二夫のギャグありき(1) 赤塚不二夫
不二夫のギャグありき(2) 赤塚不二夫
▲このページの上に戻る

おバカさん (1978年)

あの遠藤周作氏が原作を書いています。異色のコラボ作品。絵がいつもとちょっと違うー。
デジタルコンテンツ
おバカさん 遠藤周作『おバカさん』より 赤塚不二夫
▲このページの上に戻る

アニマル大戦 (1978年)

ペットや、家畜が、人間に対して反乱を起こしました!黒幕は人間への復習を決意した町医者のDr.ボロー。その野望は、果たせるのか?
デジタルコンテンツ
アニマル大戦(1) 赤塚不二夫
アニマル大戦(2) 赤塚不二夫
▲このページの上に戻る

ロメオとジュリー (1980年)

日本の農村版のロミオとジュリエット。養豚場の娘が牧場の息子に思いをよせ…どうなるどうなる?
デジタルコンテンツ
ロメオとジュリー 赤塚不二夫
▲このページの上に戻る

チビドン (1980年-1981年)

毎日廊下に立たされるチビドンだけど、放課後は「なんでも株式会社」の社長なのです。経営が傾いてきた「なんでも会社」は仕事を選んでいる場合じゃない! どんな仕事も引き受けます!! さて、今日はチビドンのところへ、どんな依頼が舞い込むのか…!?
デジタルコンテンツ
チビドン 赤塚不二夫
▲このページの上に戻る

花の菊千代 (1981年-1982年)

赤塚不二夫氏の愛猫「菊千代」を主人公(主猫公?)にしたコメディ。猫つながりでニャロメ!もでてくるぞ
デジタルコンテンツ
花の菊千代 赤塚不二夫
▲このページの上に戻る

「大先生」を読む。 (1986年-1989年)

博識で知られる小説家の大先生のもとに、週刊凡凡の林くんがとある企画も持ってやってきた。企画タイトルは、ズバリ「大先生を読む」! その内容は、さまざまな道のプロフェッショナルと大先生との対談ということらしいのだが…。
デジタルコンテンツをまとめ読み
「大先生」を読む。[全3巻] 赤塚不二夫
デジタルコンテンツを一冊づつ読む
大先生」を読む。(1) 赤塚不二夫
大先生」を読む。(2) 赤塚不二夫
大先生」を読む。(3) 赤塚不二夫
▲このページの上に戻る

大日本プータロー一家 (1990年-1991年)

夢はでっかいマイホーム! 住む家がないためにバラバラになって働く元気な一家が、みんなでがんばります! 今日はなにをして稼ぐ!? 風刺のきいた赤塚ギャグ、その驚きの結末とは…!?
デジタルコンテンツ
大日本プータロー一家 赤塚不二夫
▲このページの上に戻る

へんな子ちゃん (1990年-1994年)

超能力を持った女の子が主人公の大人向けギャグ漫画。
デジタルコンテンツを大人買い
へんな子ちゃん 週刊女性版 [全3巻]
デジタルコンテンツを一冊づつ読む
へんな子ちゃん 週刊女性版(1) 赤塚不二夫
へんな子ちゃん 週刊女性版(2) 赤塚不二夫
へんな子ちゃん 週刊女性版(3) 赤塚不二夫
▲このページの上に戻る

MR・マサシ (1991年-1992年)

高齢化が進むニッポン。国を救うためには子どもが「おとな社会」に入るしかない!? ある日突然、10歳以上はすべて「おとな」だと、国会で決められてしまった!
デジタルコンテンツ
MR.マサシ 赤塚不二夫
▲このページの上に戻る

ネコの大家さん (1993年-1994年)

大金持ちのおばあさんに溺愛されて飼われる猫・スパゲティ。そんなある日、階段から転げ落ちたおばあさんは、全財産をスパゲティにゆずるという遺言状を作り、死んでしまう。全財産を相続したスパゲティはでっかいマンションを建てて、その大家さんに!! しかし、おばあさんの息子・ハンバーグがスパゲティの命を狙い…!?
デジタルコンテンツ
ネコの大家さん 赤塚不二夫
▲このページの上に戻る